自動車保険の種類



 自動車保険

  

 

1. 自賠責保険

強制保険とも言われ加入が義務つかれています。
自動車の任意保険と違い、自賠責保険というのは、法律で加入が義務付けられた保険で、必ず入らなければならない保険です。自賠責保険に加入していないと車検を取る事ができません。しかし実際の事故にまつわる賠償を考えると補償内容と賠償額に問題があります。賠償額は、被害者の死亡、後遺障害に対して最大3000万円迄、ケガによる傷害は120万円となっています。また自動車賠償責任保険には、対物事故補償がまったく含まれていません。過失がある事故をした時、過失分だけ相手の車や、持ち物等を自分で補償しなければならないのです。つまりこの保険は事故相手(被害者)のための保険という性質と考えられます。
 

2. 対人賠償保険

交通事故で乗車中の人や歩行中の人をケガさせたり、死亡させたりしたときの法律上の損害賠償に対し、自賠責保険を越える部分に保険金が支払われます。対人賠償保険の支払対象は、対人ですからあくまで他人ということに注意。自分や家族は対象外
 

3. 対物賠償保険

交通事故を起こして、他人の車やモノなどの財物に損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われる保険です。

4. 搭乗者傷害保険

車に搭乗中の人が、死亡または傷害を負った場合に保険金が支払われる保険です。搭乗者は、同乗車と運転手を指します。

情報メニュー トップ

ダイレクト会社詳細
一般保険会社詳細
一括見積サイ詳細
無料で比べるお得メニュー
自動車リサイクル法
事故に遭った時のために
市町村自動車保険

無料
>> 最大17社から選べて比較しやすい保険スクエアbang!
   アメリカンホーム ゼネラリ アクサ 東京海上日動 三井住友海上 そんぽ24 チューリッヒ
   ニッセイ同和 日本興亜 あいおい 日新火災海上 エース ソニー 共栄火災海上
   富士火災海上  三井ダイレクトから条件に合った見積りが無料で取れます。
見積もりは全て無料で安心してできます。保険証券・車検証・免許証を用意しましょう。
 
      生命保険も見直しませんか?無料で最適プランが作れる生命保険FPによる見直し相談から
 

 

5. 自損事故保険

運転手が自らの責任で起こした事故により死亡、傷害した場合に保険金が支払われるのが自損事故保険です。自損事故保険は対人賠償保険に自動的に付帯されています。

6. 無保険車傷害保険

事故を起こした相手が対人保険は入っていないか、泥棒運転、年齢条件、家族限定特約などの条件違反などで保険がおりない場合。ひき逃げなどで加害者不明の場合に保証します。

7. 車両保険

自分にも過失がある事故での車の修理代、当て逃げによる車の損傷、)単独事故による車の損傷、車の盗難などを保証する保険で種類があります。
「一般車両保険」 カバー範囲が最も広く、単独事故、当て逃げも補償。保険料は高い
「エコノミー+A特約」 一般車両保険から単独事故、当て逃げを除く。
「エコノミー」 他車との接触による損害のみ補償。保険料は安い。

8. 人身傷害補償保険

事故によって車に乗っていた人が死亡したり怪我をした場合に、その責任、過失割合にかかわらず、保険会社の基準によって「実損害額」の保険金が支払われる保険です
【任意保険の組合せで分類】

9. PAP(自動車総合保険)

papは対人、対物や搭乗者傷害等のポピュラーな自動車保険をセットにしたものです。これらは保険の中でも最も基本的な組み合わせになります。保険会社は対人事故のみ示談交渉をしてくれます。

10. SAP(自家用自動車総合保険)

sapはpapに車両保険を付加したセットの呼称です。これは対人、対物事故ともに、保険会社が示談交渉行ってくれます。

11. BAP(一般自動車保険)

bapはそれぞれをバラで入ることのできる自動車保険です。対人保険が基本契約となっていて、対物や搭乗者傷害は個別に入る形になっています。この自動車任意保険で保険会社は示談交渉をしてくれません。

12. リスク細分型

リスク細分型とは、ドライバーの持つ危険因子(リスク)に応じて保険料が変動するものです。主に外資系の損害保険会社等で加入する事ができます。リスクのカテゴライズは年齢や性別、居住地域、自動車の使用目的等によって保険料が変わってきます。ゴールド免許を所持しているような優良ドライバーの保険料は相当安くなります。逆に事故を起こす可能性(リスク)の高い人は保険料が高くなるという仕組みになっています。

情報メニュー> 自動車保険の種類