認知症とは、認知症の症状の知識と認知症の予防の知識若年性アルツハイマー若年性アルツハイマー
TOP -> グループホーム -> 認知症とは -> 若年性アルツハイマー




認知症グループホームを知るために、まず認知症について簡単に説明させていただきます。
少しでも認知症の理解と認知症の予防を知っていただきたく思います。

このページはその中でも若年性アルツハイマーについて説明させていただきます。

ほのぼの朝日ネットワークでは皆様に認知症について知っていただき、普段から認知症になりにくい生活を送るお手伝いになることができれば幸いです。



アルツハイマー病はお年寄りだけの病気じゃない


認知症アルツハイマー病というのは高齢者がかかる病気というイメージがあります。
しかし実際には認知症は高齢者のみならず若年層でもかかり得る病気なのです。

若ければ十代から発症するのです。
若いから大丈夫・・・とは実は言えないみたいです。

発症する原因は通常のアルツハイマー型認知症と同じです。
頭部の怪我などによって発症することもあります。

64歳以下のものを若年性アルツハイマーと呼びます。
結構年齢の幅が広いですね。
64歳まではアルツハイマーにかかるには早いという意味にもとれてしまいますね。
もしかして64歳はまだまだ若い?




遺伝の可能性も?女性に多い?

若年性アルツハイマーは遺伝的になケースもあるようで、親族にアルツハイマー型の認知症を患ってみる場合には注意が必要です。

「最近物忘れがひどくなってきたな」と感じたときに、もしご親族にアルツハイマー型の認知症の方がみえる場合は、若年性アルツハイマーかどうか、お医者さんに一度診てもらうことが大切だと思います。
その方が安心できると思いますよ。
なぜならアルツハイマー病の一つの原因としてストレスがありますので、自分自身で「もしや若年性アルツハイマー病では?」と心配してストレスを溜めることこそが、認知症になるきっかけを作っていることになりますから。

実は若年性アルツハイマーは女性に多いようです。
女性の方はより日常生活からアルツハイマー型認知症になりにくい生活をこころがけましょう。


こんな症状があったら要注意

若年性アルツハイマーの初期症状としては

●頭痛やめまい   ●不眠

●不安感       ●自発性の低下

●抑うつ状態


などがあります。

発症すると自己中心的になったり、以前より頑固になったり、他人への配慮がなくなったりします。

もしこの三つ

●以前よりも自己中心的になった

●以前よりも頑固になった

●他人への配慮(気配り)がなくなった

などと感じる人が身近にいましたら、そっとお医者さんに診てもらうように勧めてあげることが大切です。
伝えるのはとても勇気がいりますが、身近な方の若年性アルツハイマーを防いであげることができるかもしれません。


TOP子育て支援  グループホーム  ふくろう  サイトマップ | リンク |
認知症とは若年性アルツハイマーMCIとは認知症予防
(C)2006ほのぼの朝日ネットワーク

Support by moriotrussardi