WTC小型水爆倒壊説の検証
By richardkoshimizu
2006.06.17


緊 急 提 言


阪大荒田先生の「常温固体核融合」実用化を支援しよう!

リチャード・コシミズ著作 第三・四作!

「続&第三集・世界の闇を語る父と子の会話集」

08年12月13日リチャード・コシミズ京都座談会

後援会「独立党」・著書・講演会・講演DVD・ブログ・掲示板 → こちらです。

世界貿易センタービルの倒壊のメカニズムを、初めて水爆説で説明した文書がネット上にある。ブッシュ政権の公式発表である航空機燃料火災説を疑問視する声は、日増しに強くなっており、もはや議論の対象にすらならない。ネット上では、通常爆弾説、サーマイト説などが飛び交っているが、どれも、現実におきた現象を説明しない。「水爆説」という、一見荒唐無稽にも見える推論には、多くの人が最初から戸惑いを感じるであろう。だが、検証を進めれば、どうやら見えなかったものが見えてくるようである。

I N D E X

1)白血病、脳腫瘍の多発
2)劣化ウラン
3)放射線が「継続的に」検出されていない。
4)核の使用
5)純粋水爆
6)純粋水爆の起爆
7)爆発の制御
8)核の小型化
9)水爆によるWTC倒壊のメカニズム

10)微細な粉塵が発生したわけ
11)WTC地下に三ヶ月間実在した溶解した鉄のプール
12)WTC倒壊時核爆発特有の地震波 が発生

13)米軍は、既にアフガン、イラクなどで低威力核兵器を使ったのではないのか?
14)WTCの遺体1600が蒸発
15)停電・通信障害
16)現場で検知された放射能
17)水爆説を打ち消すためのサーマイト説
18)WTCで不審な停電工事・ブッシュ末弟の警備会社が関与。
19) WTC症候群も、水爆によるベータ線被爆が原因ではないのか?










 


 

1)白血病、脳腫瘍の多発

WTCで救助や後片付けに従事した警官、消防隊員、作業者の間で、白血病、脳腫瘍を主体とした癌が集団発生している。放射線被爆を想起させる疾患である。911以降5年ほどたって、発癌症例が多発し始めたことは、広島長崎の先例にも符合する。

WTCの粉塵に含まれる発がん性物質を吸い込んだのが原因であろうか?航空燃料に含まれるベンゼンには発がん性があることが知られているが、これが起因する癌の種類は、白血病脳腫瘍ではない。では、アスベストはどうなのか?アスベストに起因する中皮腫は報告されていない。癌の種類が違う。 さらには、WTCの粉塵に含まれる発がん性物質で、実際に発癌する可能性は殆どないと複数の専門家が表明している。 実際作業者は、万全の粉塵対策をして現場に入ったという。癌の発生原因は、違うところにある。

また、不思議なことに、8000人をこえるWTC健康被害者の集団訴訟を、大手メディアが殆ど報道していない。この8000人の中に癌を発症した人が、300人近く含まれ、そのうち33人は既に死亡したことに、なぜ触れないのか?この事実を報道したのは、ニューヨークの古いタブロイド紙、ニューヨークポストだけであり、ワシントンタイムスとUPIが、その報道を簡単に転載しているに過ぎない。CBSも一応記事にして はいるが、集団訴訟のみに触れ、癌の多発には一言も言及していない。大手シオニストメディアは、この話題に触れたくないのだろうか?癌多発の原因と彼らユダヤ人メディアの関係は、少し世間を知っている人なら容易に想像がつく。

1)白血病、脳腫瘍の多発
CANCER HITS 283 RESCUERS OF 9/11
白血病、リンパ腫、ホジキン病、骨髄腫といった血液細胞の癌、舌癌、喉頭癌、睾丸癌、乳癌、膀胱癌、腎臓癌、結腸癌、大腸癌、肺癌についてのNYPの以下の記事。(6/11)
CANCER HITS 283 RESCUERS OF 9/11
By SUSAN EDELMAN
http://66.102.7.104/search?q=cache:34dvNsMxOOAJ:www.nypost.com/news/regionalnews/cancer_hits_283_rescuers_of_
9_11_regionalnews_susan_edelman.htm+edelman%C2%81%40wtc+cancer&hl=en&ct=clnk&cd=1&lr=lang_en
June 11, 2006 -- Since 9/11, 283 World Trade Center rescue and recovery workers have been diagnosed with cancer, and 33 of them have died of cancer, says a lawyer for the ailing responders.
David Worby, a lawyer for 8,000 World Trade Center responders, including cops, firefighters and construction workers, said the cases include blood-cell cancers such as leukemia, lymphoma, Hodgkin's and myeloma.
Doctors say the cancers can strike three to five years after exposure to toxins such as benzene, a cancer-causing chemical that permeated the WTC site from burning jet fuel.
"One in 150,000 white males under 40 would normally get the type of acute white blood-cell cancer that strikes a healthy detective," said Worby, whose first client was NYPD narcotics cop John Walcott, now 41. Walcott spent months at Ground Zero and the Fresh Kills landfill. The father of three is fighting leukemia.
"We have nearly 35 of these cancers in the family of 50,000 Ground Zero workers. The odds of that occurring are one in hundreds of millions," Worby said.
Others suffer tumors of the tongue, throat, testicles, breast, bladder, kidney, colon, intestines, and lung, said Worby, of Worby, Groner, Edelman, & Napoli, Bern, which filed the class-action suit.
WTC workers who have died of cancer include paramedic Deborah Reeve, 41 (mesothelioma); NYPD Officer Ronald Weintraub, 43 (bile-duct cancer); and Stephen "Rak" Yurek, 46, a Port Authority emergency technician (brain cancer). The families say they were healthy before 9/11.
Dr. Robin Herbert, a director of WTC medical monitoring at Mount Sinai Hospital, said some of the nearly 16,000 responders screened to date are getting cancer.
"We do not know at this point if they are WTC-related, but some are unusual cancers we see as red flags," Herbert said.
Dr. Iris Udasin, principal investigator for the Mount Sinai screening of 500 in New Jersey, said the 9/11 link is "certainly a possibility," she said. "It's what we worry about, and what we fear."
susan.edelman@nypost.com
New! TOTAL 911 INFO
 Friday, December 08, 2006
 WTC cancer cluster 'like Hiroshima'
 http://www.total911.info/2006/12/wtc-cancer-cluster-like-hiroshima.html
 Plaintiffs suing New York City for cancer spawned by destruction of the World Trade Center towers are subscribing to an "interacting toxins" theory of their illness. This is because NYC is liable for approving the building materials of the towers, but would not be liable if mercenary teams placed advanced micronukes in the towers.
 Nevertheless, the report excerpted below does compare the cancer rate in post-9/11 Southern Manhattan to that of Hiroshima following the nuclear device detonated there.
New!
Death by Dust
The frightening link between the 9-11 toxic cloud and cancer
http://villagevoice.com/news/0648%2Clombardi%2C75156%2C2.html
New! Is 9-11 Causing Cancer?
http://www.villagevoice.com/blogs/powerplays/archives/003123.php
I got Thyroid Cancer I was only there for one day. Posted by: k9 at November 29, 2006 5:05 PM
New! WTC救助者やマンハッタン住民に被爆者特有の非ホジキンリンパ腫が多発!
Wayne Madsen Report  THE NEWS

http://www.waynemadsenreport.com/

Sept. 12, 2006 -- According to sources who worked with the Federal Emergency Management Agency (FEMA) at Ground Zero on and after 911, residents of southern Manhattan and rescue and clean-up workers involved in the recovery operations at the site of the former World Trade Center are experiencing an unusually high rate of non-Hodgkin lymphoma -- a cancer that is common among individuals who have been exposed to extremely high levels of ionizing radiation, such as that from nuclear blasts and major nuclear reactor leaks. In addition to the respiratory problems among rescue workers at Ground Zero who breathed toxic "pulverized" concrete and other debris into their lungs, the radiation cancer is of extreme interest to researchers who suspect that the World Trade Center towers and Building 7 were brought down with the help of high energy releases. WMR spoke to a number of individuals who were at Ground Zero on 911 who are now experiencing symptoms resulting from severe damage to their immune systems -- a condition that is common among those exposed to high levels of radiation.
Sources close to FEMA in New York confirmed to WMR that the lymphoma cases are believed to be the result of a release of extremely high levels of radiation from a series of nuclear events on the morning of 911. They believe that explains the reason for the "pulverization" of concrete, molten metals, pyroclastic surges and fallout, and other anomalies resulting from the catastrophe. It was also pointed out that some vehicles parked on the west side of the World Trade Center were "fused" on the sides facing the towers -- the doors being melted into the body frames. Other cars parked nearby were not similarly affected. There is also evidence of explosions and fires on top of the Woolworth Building, three blocks away from the World Trade Center, during the attack on the towers.
FEMA officials from Washington, DC were quick to ban any unofficial photography in southern Manhattan in the weeks following 911. Any photographers who had not received prior permission from FEMA to be in southern Manhattan found their photographic and filming equipment confiscated by the government.

New! The US Government's Usage of Atomic Bombs - Domestic - WTC  By Ed Ward, MD
http://www.thepriceofliberty.org/06/09/25/ward.htm

非常な広範囲、高確率で、癌が発症している。少なくとも四種の血液細胞癌―白血病、リンパ腫、ホジキン病、骨髄腫。さらに多くの種の軟部組織癌。脳腫瘍も発生している。乳癌もある。これまで公には明らかにされていないが、これら各種の癌の、複数の異なる亜種も発生している。きわめて高い確率で、呼吸困難や呼吸機能障害も起こっている。不規則周期(流産か?)も、多数報告されている。さらに多様な種の癌が発生することが、きわめて懸念される。とりわけ、救助隊員であった人々は、甲状腺癌と甲状腺機能の検査を受けることが望ましい。 出生異常の検査も、同様に行われなくてはならない。 これらの癌および諸問題をひきおこしうる唯一の、実に唯一の原因は、放射線である。
The spectrum and percentages of cancer are massive. There are at least 4 classifications of blood-cell cancers: leukemia, lymphoma, Hodgkin's and myeloma. There are many more classifications of soft tissue cancers. There is brain cancer. There is breast cancer. For most of these there are subclassifications of many different types of specific cancer in each, so far not publicly disclosed. There are huge percentages of respiratory distress and loss of function. Multiple reports of 'irregular cycles' (miscarriages?). Most likely there will be several more types of cancer to follow. In particular, responders should be checked for thyroid cancer and function. There has been no noting of birth defects which also needs to be done. There is one thing and only one thing that can cause all these cancers and problems - RADIATION.

6 COPS GOT BRAIN CANCER B
6人の警官が次々に脳腫瘍に罹患し、3人が既に死亡した。

6 COPS GOT BRAIN
CANCER By CARL CAMPANILE and SUSAN EDELMAN

April 9, 2006 -- An alarming number of 9/11 responders have been stricken with brain
cancer - including six NYPD cops, The Post has learned.
At least 11 of the Ground Zero rescue and recovery workers and their families claim in a class-action lawsuit - which includes dozens of other cancer victims - that toxic air and dust caused or triggered the rare, often fatal, brain illness.
Three brain-
cancer victims have died, raising the total death toll in a 7,300-plaintiff lawsuit brought by workers and their families to 41, said lead attorney David Worby.
They include Stephen "Rak" Yurek, 46, a Port Authority emergency technician from Bayonne, N.J., who died Dec. 11 after a 16-month illness. He left behind a wife and four children ages 10 to 25.
His widow, Mary Ellen, said he was healthy before his 2004 diagnosis.
"He was never sick a day in his life," she told The Post.
WTCの緊急救助活動に従事したNY港湾局の47歳職員、脳腫瘍で死亡。
WTC Cleanup Lawsuit: Bayonne Man Died of Cancer in December

By Ronald Leir Jersey Journal Staff Writer
April 1, 2006
http://www.nj.com/news/jjournal/index.ssf?/base/news-1/1143886548260790.
xml&coll=3
<http://www.nj.com/news/jjournal/index.ssf?/base/news-1/1143886548260790
.xml&coll=3>
The family of a Bayonne man who participated in the search and recovery effort at the World Trade Center in the  aftermath of the 9/11 attacks and who died of cancer in December, is suing for damages.
"We have a lawsuit," said Mary Ellen Yurek, the widow of Stephen "Rak" Yurek, 47, who was an emergency first responder for the Port Authority of New York and New Jersey for 23 years. Doctors told Stephen Yurek he had brain cancer in 2004. His widow declined to elaborate, referring questions to the New York law firm of Worby Groner Edelman Napoli & Bern. No one at the firm could be reached for comment yesterday.
In September 2004, Worby Groner filed a class action lawsuit on behalf of more than 800 Ground Zero cleanup workers and others exposed to allegedly lethal toxins. The suit was brought against New York City, the Port Authority, the U.S. Environmental Protection Agency and the U.S. Occupational Safety and Health Administration.
WTCの遺体安置所で働いた41歳の女性救助隊員が特殊な肺癌で死亡。

Kin say WTC killed Mom
EMS worker dies of rare cancer
BY TONY SCLAFANI, DAILY NEWS POLICE BUREAU
http://www.nydailynews.com/news/local/story/400414p-339238c.html
A retired FDNY paramedic died Wednesday from cancer that her doctor and family insist was linked to her work at the World Trade Center morgue after the 9/11 attacks.
Debbie Reeve, 41, died at Calvary Hospital in the Bronx after mesothelioma, a rare form of cancer in her lungs, ravaged her body, leaving her emaciated and unable to walk, her loved ones said yesterday.
2004年5月、WTC現場に入った警官の中で最初に癌を発症した退職者に上乗せ年金を支給。 扁桃癌は、癌全体の0.6%に相当する極めて特殊な癌。 警察官慈善協会は、「がん患者は、これで最後ではない」と予測。そのとおりになった。
May 7, 2004 Judge’s Ruling
Cop Gets Pension For ‘WTC Cancer'
By Mark Daly
http://www.nycpba.org/archive/ch/04/ch-040507-cancer.html
A state judge awarded a higher-paying pension to a Police Officer last month after concluding that the officer’s throat cancer was most likely exacerbated by his exposure to airborne toxin at the World Trade Center site.
Mr. Lahm filed for retirement in April 2002 after being diagnosed with Stage 3 cancer of the right tonsil and soft palate. He had responded to the World Trade Center terrorist attacks and worked at the site during the cleanup afterward, Justice Payne said in his written opinion.
Mr. Lahm’s case is believed to be the first cancer claim to arise from the World Trade center terrorist attacks. The Patrolmen’s Benevolent Association thinks it won’t be the last.
Tonsil cancer accounts for less than 0.6 percent of the cancers detected each year.
Tumors are usually not diagnosed until they have reached an advanced stage, which raises the risk that they will spread. The disease is commonly associated with smoking and heavy drinking, according to a July 2001 medical paper at the emedicine.com Web site.
911後、WTCで通信網の再建を担当したルーセント・テクノロジー社のクレヒト氏、肺癌を発症し、2005年3月に死去。35歳。異常に早い発病と死亡。通信網が破壊されたのも、核爆発のおかげ。同氏が癌で死んだのも核爆発のおかげ。ブッシュ・ユダヤ権力に殺された市民、もう一人。残された二人の娘。
NYC: 5,000 in suit over WTC illness
http://www.ww4report.com/node/1515
David Knecht, a Lucent Technologies employee, worked for two months to re-establish communications at businesses near Ground Zero. At 35 he was diagnosed with lung cancer and died in March 2005, leaving behind two girls, now ages 3 and 4. His wife Cathleen Knecht, 38, of Berkeley Heights, N.J said "He was a nonsmoker and a swimmer." Knecht was one of many who have claimed to have been sickened with debilitating and potentially deadly ailments related to their presence at the WTC site. Thousands are sick and suffering from respiratory illnesses. Nearly 400 firefighters and paramedics have left the job because of career-ending illnesses that followed their work at Ground Zero.
911後、WTCの遺体安置所で二週間勤務したNY市職員ショアー氏。300ポンドの体重のボディービルダーだった彼が110ポンド体重を減らし、すい臓がんで死去。53歳。死体安置所は、当然、WTC現場の隣接地。小型核の発した放射線に満ち満ちていた最初の数十時間。そこに出入りした53歳の屈強な男。ユダヤ人の私利私欲のために、また一人、善良な市民が殺された。
NYC: 5,000 in suit over WTC illness
http://www.ww4report.com/node/1515
Another death involved Bob Shore, a city correction officer, who worked at the makeshift morgue at Ground Zero for at least two weeks, wearing only a paper mask. At the end of his first day handling body parts, Shore climbed into the shower fully dressed and cried for two hours. Shore, a 53-year-old father of two died last August from pancreatic cancer. His doctor attributes his disease, which caused the once 300-pound bodybuilder to waste away to 110 pounds and to have his gallbladder, spleen and pancreas removed, to his work at ground zero.
WTC健康被害者8000人の訴訟を受け持つ弁護士、WORBYの元には、毎週必ず一人か二人の警官から、「白血病になった」「類上皮細胞肉芽腫(サルコイドーシス)になった」との電話を受け取る....放射線被爆による発癌は、被爆後5年して始まり、徐々に増えていく。
USATODAY.com - Health troubles persist for 9/11 rescue workers
http://www.davidworbyproductions.com/news/usatoday_6.25.06.pdf
David Worby, a lawyer in White Plains, N.Y., represents about 8,000 clients with health problems who are suing supervisors, the EPA, the Port Authority of New York & New Jersey, contractors and others involved in the cleanup. He says more than 50 families have lost loved ones due to their Twin Towers work. No trial dates have been set.
"There are thousands of people who will get cancer and will die from this, and the government isn't doing anything," Worby says. "Every week I get one or two calls from a cop saying, 'What do I do for my wife and kids? I've just been diagnosed with leukemia or sarcoidosis (an inflammation that creates scar tissue, often in the lungs).' "
PBA BLASTS HOSP'S 9/11 HEALTH MONITORING
By SUSAN EDELMAN and CARL CAMPANILE
http://www.davidworbyproductions.com/news/nypost-6.25.06.pdf
June 25, 2006 -- The nation's largest police union plans to launch its own medical registry to track cancers and other life-threatening diseases hitting 9/11 responders, saying the federally funded World Trade Center medical monitoring program has kept them in the dark.
"We need to find out what cancers and serious disorders are out there so we know what to look for," said Patrick Lynch, president of the Patrolmen's Benevolent Association. "Millions of dollars are being spent, and we're getting no information."
原爆の医学的影響(その4)
http://www-sdc.med.nagasaki-u.ac.jp/n50/nishimori/nishimori4-sjis.html
2)白血病 :X線を取り扱う医師,技師,看護婦には白血病の発生率が高いことが知られていたので原爆被爆者の白血病発生が心配されていましたが,それが被爆後5年頃から現実となって現れました。図1に広島,長崎の白血病発生分布を 5年単位にまとめて示していますが,被爆線量の多いものほど発生率は高く, 被爆後5年から数年非常に高い発生を示しています。
血液由来の腫瘍の一つである多発性骨髄腫については,従来,原爆被爆とは関係がないとされていたが,市丸道人(長大・ 原研元教授)らの調査また,われわれの剖検例による検索から,高齢者で高線量を被爆したもので,発生率の高いことが指摘されています。
4)胎内被爆とくに原爆小頭症  母親が妊娠18週未満の時期に被爆したものでは,胎児の多くは死産,あるいは流産をしていますが,出生した子供もいます。これらの子供は全身の発育障害,知能遅滞を示すものがあり,特に頭囲が小さい特徴をもっていて,これを原爆小頭症と呼んでいます。長崎の例では16歳で死亡しましたが病理解剖で大脳の発育が著しく障害されていたことがわかりました。
THE JOURNAL NEWS
(Original publication: June 22, 2006)
http://www.thejournalnews.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20060622/NEWS02/606220379/1027/NEWS11
By SHAWN COHEN AND JAKE SHERMAN
spcohen@lohud.com
David Worby is now at the helm of what he calls the largest and most important class-action lawsuit in U.S. history, representing thousands of people he says are dying at an accelerated pace from exposure to toxins at Ground Zero.
He says a national health emergency should be declared because his 8,000 clients are developing cancer, kidney and respiratory ailments in the nearly five years since the Sept. 11, 2001, attacks.

WTCの粉塵では癌にはならない。
研究:WTCの粉塵に含まれる発癌物質で癌になる可能性は少ない。

Study: WTC dust carcinogen poses small cancer risk

BY KATHLEEN KERR
http://www.newsday.com/news/health/ny-hsdust0727,0,3791783.story
Researchers calculated the cancer risk due to the carcinogen exposure over 70 years would increase from a normal 0.157 cases per million people to 0.167.
"Any elevation in cancer risk from PAH exposure should be very small among nonoccupationally exposed residents of NYC," according to the report, in this week's issue of Proceedings of the National Academy of Sciences.
"Even though the [PAH] levels were pretty high [at the beginning of the sampling period], they were only high for a short time," said lead researcher Stephen Rappaport, a professor of environmental health at the University of North Carolina. "Cancer is a disease that takes a long time to develop. It also requires a large exposure."
WTCの粉塵は、癌リスクに関係ないだろう。
WTC Dust May Not Increase Cancer Risk
http://www.pnas.org/misc/archive072604.shtml#HL5
WTC dust is cleared of one danger
By Liz Szabo, USA TODAY
http://www.usatoday.com/news/health/2004-07-26-wtc-dust_x.htm
The average New Yorker faces little risk of cancer from a class of carcinogens found in the dust and smoke kicked up by the collapsed World Trade Center, according to a study published online Monday in the Proceedings of the National Academy of Sciences.
「WTCの救助隊員が、有害物質に露出した事実はない。」
WTC Rescuers Not Exposed to Toxics  Friday, May 31, 2002
By Steven Milloy
http://www.foxnews.com/story/0,2933,54092,00.html
Worker exposures to air contaminants at the World Trade Center disaster site generally did not exceed safety standards, according to a new report from the Centers for Disease Control and Prevention.
有害物質の吸入による健康リスクは思ったより低い。
World Trade Center Dust Analysis Offers Good News For New Yorkers
The rubble has been cleared from the World Trade Center site, but questions still loom about the long-term health effects on people who survived the terrorist attacks. A new study of dust samples taken from around Manhattan in the days following Sept. 11, 2001, could offer some much-needed good news.
A team of researchers tested debris from the collapsed towers for toxic organic chemicals and found that the potential risk of exposure from inhaling such compounds was lower than expected. The findings are scheduled to appear in the Feb. 1 print edition of Environmental Science & Technology, a peer-reviewed journal of the American Chemical Society, the world's largest scientific society. The article was initially published Dec. 18 on the journal's Web site.
The scientists were looking specifically for persistent organic pollutants -- highly stable compounds that pose a special problem because they endure in the environment and can be toxic to humans and wildlife. They found no evidence of high levels of two particular POPs: pesticides and polychlorinated biphenyls, which were used in hundreds of industrial and commercial applications until their production was banned in 1977.
 

2)劣化ウラン
では、放射性物質が現場にあったのか?突入した航空機に劣化ウランが使われていたのか?ボーイング社によれば、最近の機材にはタングステンを使用しており、劣化ウランは搭載していないという。 確かにボーイング747までは、バラストに劣化ウランが使われていたが、ボーイング社によって、早い時期にタングステンに交換されている。それ以降の757,767といった機種は最初からタングステンだ。では、一部で疑惑がもたれているように、突入した機が軍用機であり、突入寸前に劣化ウランを用いたミサイルが発射されたのであろうか?その可能性は否定できない。だが、航空機2機分とミサイル二発分に過ぎない劣化ウランが、果たして、これだけの被害を生むのであろうか?疑問である。(イラクなどで劣化ウランが白血病などの原因となっていると一部で騒がれているが、劣化ウランが原因だと思い込まされているのではないかと危惧する。他の原因を隠蔽するために、意図的に劣化ウランに焦点が当てられ、真因から目をそらさせる目的で、わざわざ 、必ずしも必要のない劣化ウラン弾が使用されているのではないか? 詳しくは後述する。)
劣化ウランは、ウラン235の含有率が0.7%以下のものをいい、非核分裂性のウラン238が多い。劣化ウランは弱放射性にすぎず、実際に強度の発癌性があるのかどうかは、疑わしい。また、起因する可能性がある癌の種類は、腎臓癌や肺癌であり、白血病を含むその他の放射線誘発癌のリスクはきわめて低い。WTCで発生している種類の癌ではない。
劣化ウランのある環境で人が被る被爆量は、実は、病院で行われているラドン療法や最近流行の岩盤浴における被爆量をはるかに下回る。
人間は、年間2ミリシーベルトくらいの被爆を、自然界から受けている。その一年間の量くらいを一回の治療で被爆させるのが、ラドン療法なる健康法である。 「少しの放射線は、免疫機能の向上などをもたらし、身体のあらゆる活動を活性化し、病気を治したり、病気にかからない強い身体にしたり、老化を抑えて若々しい身体を保つなど、あらゆる良いことをする」と、米国の著名な化学者、トーマス・D.ラッキー博士が述べている。弱い放射線は、危険どころか、健康の源なのである。
一方で、イラクの戦場で劣化ウラン弾を積んだ戦車に1年間搭乗していた兵士の被爆量は、年間で、1ミリシーベルトにもならない。劣化ウランによる被爆では、1年間かけてもラドン療法一回分の被爆量の半分にしかならない。健康法としてすら、放射線量が弱すぎる。このレベルでは、被爆者の健康に寄与することはあったとしても、イラクからの帰還兵を癌にしたり、奇形児を生ませたり、イラクの子供を白血病にすることなどできるわけがない。 それが可能なら、ラドン・サウナや岩盤浴で、イラク以上に、白血病や脳腫瘍患者が続発しているはずだ。 劣化ウランで白血病や癌になるわけがない。
湾岸戦争からの帰還兵に白血病が多発している。一般に、放射線被爆で白血病が発生するには、1シーベルト(100レム)以上の被爆が必要とされるが、湾岸戦争当時、劣化ウランで受けた被爆量は、最大で0.05シーベルト(5レム)に過ぎないという。つまり、帰還兵の白血病発病の原因は、 絶対に、劣化ウランではない。劣化ウランによるとされる癌や白血病の原因は、米軍やイスラエル軍が秘密に使ってきた小型核爆弾でしか、ありえない。 だが、劣化ウランに罪を擦り付けたい人たちは、新たな詭弁を考え付いたようだ。劣化ウランは、燃焼すれば飛沫を発し、それを吸い込んだ人物は、体内に放射能を取り込んでしまい、微量でも発癌するという理屈だ。これが彼らに残された最後の防衛拠点ということだ。 だが、1992年にアムステルダムで起きた貨物機の墜落炎上事故で劣化ウランが燃えた際にも、以後、誰一人、白血病にも脳腫瘍にもなってなどいない。
「計算の結果、火災現場のすぐそばにいた人でも被爆量は1マイクロシーベルトから1ミリシーベルトの間で、急性障害を起こすような値には達していなかった。よって、劣化ウランの暴露により健康被害が生じたとは考えにくい。」
「事故に巻き込まれた人の間では自覚症状を訴える人が多かったが、血液・尿などの検査ではとくに異常がみられなかった。これらの調査は非常に注意深く行われたが、巻き込まれた人は自分の健康に対して非常に敏感になっているため、偏りが出た可能性も否定できなかった。」

御巣鷹山の日航機墜落現場で劣化ウランに露見した人たちの間にも、癌の集団発生など報告されていない。
「(御巣鷹山の)事故直後の現場で救出作業にあたった自衛隊員・消防隊員、取材にあたったマスコミ関係者、現場近くの上野村の住民などに、劣化ウラン被害としていわれているガンや先天異常などの健康被害が多発したということは聞かないので、航空機事故の長期ケアでは劣化ウラン被害よりPTSDなどの心のケアを優先した方がいいでしょう。」

「世界貿易センター症候群」の原因が放射能ではないかと疑う頭のいい人もいることはいる。だが、せいぜい「劣化ウラン弾」を疑う程度のレベル。だが、そのうち.....劣化ウランだけでは説明できない症状が、周辺住民を襲う.........こんな展開であろうか?
NYC, PENTAGON AREA MAY BE RADIOACTIVE
From: Bill Smirnow
http://www.xs4all.nl/~stgvisie/VISIE/radioactive-NewYork.html
The or a possible cause of what's being called "World Trade Center Syndrome" might be from the DU on the Sept. 11
airplanes [Depleted Uranium] that may have caught fire [probably].
Has anyone done and/or is anyone interested in getting out their Radalert or other rad monitoring device and measuring
and testing radiation levels at:
1. Near The Former World Trade Center [In Manhattan or any of the other 4 NYC boroughs and Northern New Jersey]
2. Near The Pentagon
3. At or Near Shanksville, Pennsylvania where Flight 93 crashed?
ラドン温泉と健康 (09-02-07-10)
http://mext-atm.jst.go.jp/atomica/09020710_1.html
放射能泉にはラジウム226(Ra−226)、ラドン222(Rn−222)、トロン(Rn−220)などが含まれている。ラジウム泉、ラドン泉、トロン泉とよく言われるゆえんである。ウラン238からの壊変で生まれたラジウム226は固体で化学的にMgやCaと似た性質を持ち、放射線(主にα線、半減期1600年)を出す。ラジウム226が壊変すると不活性気体のラドン222(α線、半減期3.8日)となる。トリウム232壊変系列ではラジウム224(α線、半減期3.6日)が壊変して不活性気体のトロン(Rn−220、α線、半減期55.6秒)となる。
ラドン療法の適応症とその条件ラドン療
http://www.iips.co.jp/rah/spotlight/kassei/eurn_2.htm

治療室内の環境条件は、おおむねラドン濃度が166,500Bq/m3(これは約2mSv/hrと換算され、治療1回の被爆線量は自然放射線の年間被爆線量に相当する)、温度が37‐41.5℃、湿度が70‐95%である。このうち、ラドン濃度に関しては、三朝温泉の浴室は、54Bq/m3、岡山大学三朝分院の熱気浴室は2,080Bq/m3であり、後者の約80倍も高い3)。なお、高温・多湿の環境が治療効果をもたらす一つの因子と考えられている。

劣化ウラン研究会・山崎久隆代表講演」(下)
・隠される被害の実態・国連が「非人道的兵器」に
 http://www.hahei-iken.org/yamazaki.htm
湾岸戦争後、帰還兵士に健康障害が多発。その子どもに白血病が高率で発症した。劣化ウラン弾が原因物質ではないかと疑われた。一九九五年のボスニア紛争、九九年のコソボ紛争、二〇〇一年のアフガン戦争でも同様の健康被害が出た。これらの戦争は場所も違えば人種的要素も違うのに、同じような病気が次々と発症した。共通項は劣化ウラン弾だけだが、米国政府は認めていない。その答えが出ないうちにイラク戦争が起こった。
Detonations And Deceit
http://www.informationclearinghouse.info/article2072.htm
The USA has already used Nuclear Weapons in GWI and Afghanistan, and is duping us as it prepares to use them again in GWII
●体内から劣化ウランを検出した帰還兵たち。全く、癌など発症せず。劣化ウランはなにも関係ありません。
DEPLETED URANIUM
http://www.gulflink.osd.mil/faq_17apr.htm
Those individuals with normal urine uranium levels now are unlikely to develop any uranium-related toxicity in the future, regardless of what their DU exposure may have been in the Gulf War. Those DU-exposed friendly fire individuals with elevated levels of urinary uranium nine years after the Gulf War have not developed kidney abnormalities, leukemia, bone or lung cancer, or any classical uranium-related adverse outcome. The DU Medical Follow-up Program will continue to evaluate these individuals with elevated urine uranium levels to enable early detection of potential untoward health effects in the future due to their continued chronic exposure to DU.
●アフガニスタンのウラニウム汚染の原因は、劣化ウランではない。劣化ウランではありえない高濃度が検出される。つまり、被爆源は別にある。
Uranium Radiation Levels in Afghanistan Not Attributable to Depleted Uranium
http://www.mindfully.org/Nucs/2003/Uranium-Levels-Afghanistan5jun03.htm
Uranium Medical Research Center (UMRC) / Center For Global Research 5jun03
1. Unanticipated outcomes of the 2002 Afghan civilian studies
Radiological measurements of the uranium concentrations in Afghan civilians’ urine samples indicate abnormally high levels of non-depleted uranium. Radiological measurements of Afghan civilians’ have high concentrations of uranium in a range beginning at 4 X’s and reaching to over 20 X’s normal populations. This is 400% to 2000% higher than the study controls and normal population baselines of the concentrations of nanograms of uranium per liter of urine in a 24-hour sample. UMRC has completed initial but still preliminary studies that corroborate these finding in biological controls and geological samples taken in Operation Enduring Freedom bombsites.
ボーイング747までは、バラストに劣化ウランが使われていた。(今は、ボーイングがタングステンに交換したので、747でも
殆ど使っていないはず。以下は、まだ、劣化ウランを使っていた当時の話。)で、航空機が突っ込んで劣化ウランが燃えた。 白血病は?脳腫瘍は?ゼロです。
劣化ウラン弾の閑話休題 その2
http://www.geocities.jp/aobamil/kanchousitu/DUExsono2.html
「1992年10月4日、アムステルダムのBijlmermeerにあるアパートに大型貨物輸送機が突っ込んだ。事故のあと時間がたつにつれて体調不良を訴える住民が増加したため、事故により有害な物質が放出されたのではないかと疑われた。この航空機にはバラストとして積んであった劣化ウランのうち150kgが事故後の調査では見つからなかったため、酸化ウラン粉末に住民がさらされて健康被害を生じたのではないかという可能性が指摘された。事故から6年後、その真偽を定めるべく健康調査が行われた。事故当日の気象条件や、事故現場の地形から、事故で生じた火災現場のすぐそばにいた人の劣化ウラン暴露量を計算した。火災により生じる酸化ウランは水に溶けにくいので、化学毒性は放射線毒性よりも低いと考えられた。計算の結果、火災現場のすぐそばにいた人でも被爆量は1マイクロシーベルトから1ミリシーベルトの間で、急性障害を起こすような値には達していなかった。よって、劣化ウランの暴露により健康被害が生じたとは考えにくい。」
なぜ難溶性ウランの化学毒性の影響が放射線毒性より低いと考えるのか、というのは劣化ウラン弾の話その4の論文にある許容量のところを参照。この論文では劣化ウラン原因説には否定的です。
「The cares and anxiety of those involved in the bijlmermeer aviation disaster did not diminish following the medical investigations
「1992年10月4日、貨物機がアムステルダムのmijlmermeerに墜落し、43人が死亡、何百人もの人が住処を失った。何年間も混乱が続き、メディアも長期にわたり注目し、墜落原因や、放出されたであろう物理・化学・生物学的リスクファクターへの暴露に関して公聴会や議会での取り調べが行われた。今までに2つの大規模な医学的調査がなされ、事故に巻き込まれた人と巻き込まれなかった人における自覚症状や精神的訴えについて研究された。その後、事故に巻き込まれた人が訴える不安感が自覚症状にどう影響しているか、という調査も行われた。結果、事故に巻き込まれた人の間では自覚症状を訴える人が多かったが、血液・尿などの検査ではとくに異常がみられなかった。これらの調査は非常に注意深く行われたが、巻き込まれた人は自分の健康に対して非常に敏感になっているため、偏りが出た可能性も否定できなかった。また、劣化ウランなどの化学物質は、調査時点で相当時間がたっているため、関与の程度を量るのは技術的に不可能だった。これらの調査により健康不安を打ち消すことはできず、未だに体調不良を訴える人がわずかずつ増加している。事故に巻き込まれて健康問題を訴える人は、未だ原因が有害物質暴露のためであると考えている。」
御巣鷹山に墜落したのはボーイングB747-100SRで、オランダ事故機と同系列なのでバラストに劣化ウランが使われていたと思いますが、生存者4名(バラストが搭載してある尾翼に近い座席にいた)、事故直後の現場で救出作業にあたった自衛隊員・消防隊員、取材にあたったマスコミ関係者、現場近くの上野村の住民などに、劣化ウラン被害としていわれているガンや先天異常などの健康被害が多発したということは聞かないので、航空機事故の長期ケアでは劣化ウラン被害よりPTSDなどの心のケアを優先した方がいいでしょう。

3)放射線が「継続的に」検出されていない。
さらには、これだけの被害を生むだけの「放射能」が実在したのであれば、911以後、WTC現場周辺で、長期にわたって、アルファ放射線が検出され、インスペクター社製の携帯型ガイガーカウンターが警報鳴りっぱなしとなって、大騒ぎになっていたはずだ。だが、そんな報告はない。劣化ウランに微量だが含まれるウラン235は、「放射能」であり、放射能である限りは、 微量であっても、長期にわたって、放射線を放出し続ける。一方で、「放射能」ではなく、一過性の「放射線」が照射されただけの場合では、時間の経過とともに検出されなくなる。(ペンタゴンから7マイル離れた場所で、911当日、通常の8倍の放射線が計測されているという。ところが、その後継続して測定されたとする報告がない。つまり、ペンタゴンにおいても、一過性の放射線が照射された可能性がある。)また、中性子線は、ガイガーカウンターでは検出されないため、高レベルであっても一切わからない。
癌を発症している人の多くは、救助隊、警官、消防隊員であり、WTC1、2の倒壊時から現場にいた人たちである。911から時間のたっていないうちに現場に入った人たちに癌が多発していると見られる。これは、一過性の放射線が照射され、濃度が高かった間に彼らがそこに入ったことを意味するのではないのか?そして、多くみられる白血病は、放射線被爆によるものであるならば、主として中性子線に起因する癌である。そこに中性子線があったのではないか?もっとも、あったとしても、特殊な装置がない限り検出できないが。中性子線は、照射後数十時間で半減する。その最初の数十時間に現場に出入りした人たちに、事件後5年たって異変が生じているのではないか?

4)核の使用

中性子を照射する核兵器といえば、原爆も(通常型)水爆も中性子爆弾も同じである。だが、これらは同時にプルトニウムやウラニウムといった「放射能」をふりまく。よって、放射能は、 長い半減期を持つものゆえ、これらの核を使用すれば、隠蔽は不可能である。しかも、NYのど真ん中で使用することなど、911テロが内部犯行だと自供しているようなものだ。中性子爆弾という水爆の一種がある。これを使えば、広範囲で生物を殺傷する。NYで使えば、WTCから離れたところにいたNY市民の多くが即死する。よって、 これも使用に耐えない。ミニ・ニュークと呼ばれる低威力核兵器も開発がなされている可能性がある。要するに性能を抑えた原爆である。だが、これを使うとやはり、放射能が出る。とても隠蔽できない。 (ただし、後述するが、多少の放射能汚染があっても隠蔽して、実際に低威力核兵器をイラクやアフガニスタンで使用した形跡がある。)

米911遺族訴訟ヒルトン談話記事掲載季刊『真相の深層』4号抜き刷り本日の集会で配布の急告
http://www.jca.apc.org/~altmedka/2003aku/aku890.html
4.WTCビルの崩落・破壊・解体には 地下の「超小型核爆弾」や不可視レーザー光や超音波発信する「深赤外線ビーム兵器」ら開発された最新兵器が、実験場として使用された。
オクラホマシテイ連邦ビルの爆破 解体をやったControlled Demolition Group LTD 社に委託して 密かに残骸を運び 出して証拠隠滅が図られた。WTCビルや国防総省の事故現場に急行した医師がガイガー・カウンターで放射能濃度を測ったところ 通常の10倍以上が検出され、その事実を環境保護省、放射能情報リソースセンター、FBIに通報したが 環境保護省の検査官が調査に来たが、検出されたが吸い込まなければ問題ないと誤魔化し落着させたが、その後放射能問題はタブーとなった。地下に仕掛けられた2度の爆破は 飛行機の激突とは無関係の地震波として記録されていた。破壊され鋼鉄やコンクリートは,殆どブロックとしては残っておらず、分子状態まで完璧に粉々になったのは 飛行機の燃油による焼却などではありえない。不可視レーザー光や超音波発信する「深赤外線ビーム兵器」ら 開発された最新兵器の実験として使われたと考えられる。
ミニ・ニュークとは
http://www.gensuikin.org/gnskn_nws/0403_2.htm
ミニニュークは低威力核兵器ともいわれます。80年9月、ワルトハイム国連事務総長が発表した「核兵器に関する包括的研究」でも、TNT火薬換算で数トン程度のものまで可能と述べられています。米国で開発されているのは、ごく短時間だけ通常の臨界量(ある量の核分裂物資を集めると、核分裂連鎖反応がおこる)を下げて、その臨界量をこえるように設計された核兵器といわれています。つまりウランやプルトニウムの量を少なくして、核爆弾をつくることができるというものです。しかしコストがかかりすぎること、通常兵器との区別がなくなるなどの理由で、米英ソ三国は話し合って、当分の間配備しないことを宣言しました。

5)純粋水爆
唯一、核の使用をほぼ隠匿できる可能性のある種類の爆弾がある。否、ありうる。純粋水爆である。通常型の水爆は原爆を爆発させることで、核融合に必要な温度と圧力を生み出し、水爆を起爆する。よって、原爆に使用した放射能が飛び散る。一方で、純粋水爆は、起爆に原爆を用いない。レーザー、磁場・プラズマ、常温核融合などの手段が研究されている。どれも、完成したとの報告はない。完成したとしても、公表はしないであろうが。
純粋水爆の攻撃力はその高熱にある。熱で標的を蒸発させる。溶解する。だが、放射能を排出しないので、爆発後数十時間たてば、現場に軍隊を入れることも出来る。周辺諸国を核汚染することもないので、敵のピンポイント攻撃に使える。クリーンな核兵器の異名もとる。だが、純粋水爆もまた、核融合反応の際にα、β、γ線、中性子線を照射する。よって、爆発後、 12時間程度のうちに現場に入った生物は、主として中性子線で被爆する。被爆すると、5年ほどたって、白血病や脳腫瘍が多発するようになる。

水素爆弾
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E7%88%86%E5%BC%BE
現在では原爆を起爆剤に使用しない純粋水爆、いわゆる「きれいな水爆」の研究が進められている。これは起爆に原爆を使用しないため、核分裂反応による放射性降下物(フォールアウト)が生成されず、残留放射能が格段に減るという仕組みである(ただし起爆時の核反応でα、β、γ、および中性子線などの放射線、核融合やその燃え残りで生じた水素などの放射性同位体は少なからず放出される)。2005年現在、アメリカのローレンスリバモア国立研究所にある実験施設「ニフ」でレーザーによる核融合が、またロシアの核研究施設アルザマス16では磁場による核融合(Z-ピンチ方式)がそれぞれ研究されている。しかし現在も実用には至っていない。

6)純粋水爆の起爆
だが、純粋水爆の起爆方法が完成しているかどうかの情報はない。この起爆方法が実在するならば、「熱核融合」ないしは、「常温核融合」が完成していることを意味する。各国が、巨額の投資をして、しのぎを削るこの分野で、既に技術を確立させている可能性のあるのは、米国 と核大国イスラエルだけである。米国では、水面下では、レーザーによる核融合研究 がかなり進んでいるようだ。水爆を起爆するのに十分なテラワット級の出力が得られているらしいし、レーザー点火の小型化もローレンス・リバモア研究所などで進められている 。もう出来上がっている可能性が高い。
また、今、サーマイト倒壊説を唱えて注目を浴びているBYUのジョーンズ博士の専門は常温核融合である。これも、もし完成していれば、純粋水爆の起爆に使える。しかも、極めてコンパクトな起爆装置で事足りる。 だが、80年代末から90年代初めに
ユタ大学やカリフォルニア大学で研究され脚光を浴びはしたが、「いい加減であり信用できない」、イロモノの技術だと学会から烙印を押され、科学界から葬り去られた形になった。だが、「イロモノ」「オカルトっぽい怪しい技術」といったレッテル貼りをメディアや学界の権威がすることによって、常温核融合から衆目を引き離したかったのかもしれない。この技術が実現できているのであれば、それを自分たちだけで独占し、特定の用途に応用したほうが、利益になる人たちがいる。
常温核融合は、水爆の起爆にすぐにも応用できる最重要軍事技術である。水爆にしろ原爆にしろ、使えば、敵だけでなく隣の友好国家も壊滅させてしまう。核汚染で長い間地域に入れない。これでは、実戦には使えない。常温核融合で純粋水爆を起爆できれば、高熱でターゲットを的確に破壊し、かつ発生した中性子が減衰する数十時間後には、現場に入ることも出来る。核シェルターに1年も2年も隠れる必要もない。2-3日で済む。軍事技術の進展は、原則として正直に公表はされない。1945年の最初の原爆実験は、大衆には「軍用列車の爆発事故」と説明された。
そして、常温核融合実験の成功は、その後も米国でも日本でも報告されているのである、 日本を代表する著名な物理学者が、パラジウムを使う新たな常温核融合の実験に成功したと公表した。だが、メディアは臆したかのように記事にしない。学会も沈黙を続ける。「触ってはいけない世界」なのであろうか? そんなものは地球上に存在しないと、世界に誤認させたいのであろうか?誰かに技術を独占させるために。不審を抱かざるを得ない。
また、米軍のアフガニスタン侵略において、水爆が使用された形跡があり、それが純粋水爆ではなかったかと推測される。近辺のパキスタン西部で、マグニチュード3以上の人工的な地震が観測されており、一部で核の使用を疑う報道もなされた。だが、あるべき周辺の核汚染が報告されなかったことから、うやむやになった。もし、純粋水爆が使用されたのであるのなら、 まさしく、この通りの結果となる。純粋水爆は、核だとわからない結果を生む核兵器なのである。

「常温核融合」について少し
http://www.asyura2.com/0601/war81/msg/510.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2006 年 6 月 26 日
この研究は80年代末期から90年代初期にかけて、ユタ大学(BYUではありませんが)やカリフォルニア大学あたりで研究されて注目を浴び、それからすぐに「いい加減であり信用できない」、いわゆる『色もの』ということで相手にされなくなって、近年再び少しずつ研究する人が増えてきたようです。
しかし、どうも私はこの「相手にされなくなった」時期とその理由が気になっています。(というか、気に入らない。)憶測をたくましくすると、「相手にされてはいけない」理由でもあったのかな、と。90年代の初期ですから、ちょうど小型核の研究が騒がれた時期です。米軍が興味を示さないわけはありませんので。

荒田名誉教授の話 核融合には通常なら数億気圧が必要。この方法を使えば、低コストでエネルギーを取り出せる可能性がある。【大島秀利】

http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/science/Physics/200212/07-5.html
荒田名誉教授は大阪大学に荒田記念館があるほどの著名な学者であり、学士院会員 である。藤田名誉教授は2002年学士院会員に推挙された。このような著名な学者が記者発表を開いても、大手新聞のベタ記事にしかならない。(小生が購読する朝日新聞では記事にもならなかった)
【山本寛ウォッチング/燃料電池と常温核融合】       
http://www5b.biglobe.ne.jp/~sugi_m/page149.htm
3.ここまで進んだ常温核融合
本来ならば、常温核融合の技術進歩の足取りを解説すべきであるが、事態は急激に動いている。とりあえず 最近の目だった情報を紹介する。
・ 荒田大阪大学名誉教授の実験
2002年12月7日の毎日新聞電子版は下記の記事を発信している。
「核融合 パラジウムを使う新方式確認 阪大名誉教授ら
荒田吉明(核融合)、藤田広志(金属物性)両大阪大名誉教授は6日、パラジウム 金属の超微細な粒子に重水素ガスを取り込ませてレーザー光線を当てる新方式で、核融合反応の際に生じるヘリウムを確認した、と発表した。核融合に必須とされる超高圧の状態以外でも実現できたことで、大規模装置の必要のない発電などの可能性があるという。
核融合反応を起こすには、重水素などの原子と原子を接触させることが条件。両名誉教授によると、パラジ ウムとジルコニウムの合金を焼き、直径5ナノメートル(ナ ノは10億分の1)の範囲にパラジウム原子約8000個が格子状に集まった超微細粒子を作った。この超微細粒子に重水素ガスを吸わせると、パラジウム原子1個に対 し、通常は1個未満しか取り込まれない重水素が約3個取り込まれ、凝集。さらに溶接に使うレーザー光を当てると核融合が起こり、ヘリウムが通常の空気中の10万倍発生した、という。
荒田名誉教授の話 核融合には通常なら数億気圧が必要。この方法を使えば、低コストでエネルギーを取り出せる可能性がある。【大島秀利】 」
出典:
荒田
名誉教授の話 核融合には通常なら数億気圧が必要。この方法を使えば、低コストでエネルギーを取り出せる可能性がある。【大島秀利】 」
出典:
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/science/Physics/200212/07-5.html
荒田
名誉教授は大阪大学に荒田記念館があるほどの著名な学者であり、学士院会員である。藤田名誉授は2002年学士院会員に推挙された。このような著名な学者が記者発表を開いても、大手新聞のベタ記事にしかならない。 (小生が購読する朝日新聞では記事にもならなかった)
・北海道大学の水野博士たちの実験
水野博士たちは水の電気分解の電圧を上げ、水中で放電を発生させることにより過剰なエネルギーの放出が起きる現象を発見し、注目を集めている。これをフランスの研究者が再現テストを行い、その結果をインターネットで公開している。興味のある読者は下記をクリックされたい。
http://jlnlabs.imars.com/cfr/index.htm
常温核融合

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1228/coldfusion.htm
「1998年3月24日、アメリカで英国サウザンプトン大学のマーチン・フライシュマン(62歳・当時)と米国ユタ大学のスタンレー・ボンズ(48歳・当時)という二人の電気化学者が「電気分解によって核融合を起こした」と記者会見をしたという記事が朝刊の片隅に載った。記事によれば、パラジウムと白金を電極として重水中で電気分解をおこなったところ、大量の熱が生じ、同じにトリチウム、ガンマ線も検出され、核融合が裏付けられたというのだ。」
エネルギー問題は原理的には解決済み:北大の水野忠彦教授が常温核融合の存在を実験で証明済み。
http://www.asyura.com/0304/dispute10/msg/655.html
投稿者 transmutation 日時 2003 年 5 月 28 日 15:36:42:
http://jlnlabs.imars.com/cfr/html/cfrtiny2.htm
1989年のあの大騒ぎを覚えていらっしゃるだろうか。フライシュマンとボンズによる常温核融合の存在を証明する実験に成功したというニュースが世界を駆け巡ったことを。そして、それが別の科学者チームの追試で再現できなかった騒ぎを。これにより、常温核融合は眉つば科学として世界から追放された。アメリカ政府も資金的手当てを停止してしまった。しかしひとり日本政府だけは、常温核融合に食らいついていた。北大水野忠彦教授が結局実験でその存在を証明した。上のサイトは水野モデルを使って追試したもの(実験日:2003年5月19日)のデータ報告。以下3つのサイトは、水野論文。
http://www.lenr-canr.org/acrobat/MizunoTnucleartra.pdf
http://www.lenr-canr.org/acrobat/MizunoTexperiment.pdf
http://www.lenr-canr.org/acrobat/MizunoTconfirmatib.pdf
彼の発見で最大の部分は、常温核融合は、熱の発生もさることながら、実は原子核が他の原子核に変化する、「核変換」現象だったとの理解に達したことだ。この考えについて一般向け英語書籍がでているが、日本語でもでている。
http://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/4-87593-214-6
意外なことだが、トヨタ自動車は90年代初頭から欧州に核融合の研究施設を持ち、資金をつぎ込んでいる。 エネルギー問題は実は日本の科学陣営によって原理的には解決済みといってよい。あとは応用の問題と政治問題のハードルとなる。トヨタは、欧米石油資本のトラの尾を踏まぬよう、非常に慎重になっている。水野教授の発見の、核変換という概念は決定的に重要だ。錬金術の概念と連続するからだ。

7)爆発の制御
純粋水爆が実在したとしても、その爆発方向を制御し、WTCを見事にストンと倒壊させることが出来たのであろうか?通常、水爆が爆発すれば、爆風は四方八方へ飛び散り、WTC周辺のビルをなぎ倒し生物を殺傷する。照射された中性子は、建物を突き抜けて、遠くにいた歩行者を即死させる。だが、どうやら、そのようなことはおきていない。
米国が開発してきた核弾頭付バンカーバスター爆弾は、核の爆発力を下方に集中させて、地盤を数百メーターも掘り進み、大深度の敵の基地を核攻撃するものである。核爆発の方向性を一点に集中させて、周囲に副次的被害を与えない技術は既にあると見る。一説には、爆発力の96%を一方向に集中させられるとも言う。これを応用して、上向きに爆発させれば、周囲に大きな影響を与えずに、上方のみに攻撃力を集中できる。
たしかに中性子線が照射されたであろう。そして、その照射方向である、ビル上方にいた生物は、照射を浴びて、死滅したであろう。たまたまWTC上空を飛んでいた渡り鳥も即死したかもしれない。だが、WTC内にいた人たちは、中性子で死ぬ前に、水爆の高熱で「蒸発」 していただろうと推測されるが。(1600人が現実に蒸発している。後述する。)
しかし、 水爆による中性子線を上方だけに照射するように制御など出来るのだろうか?上方だけでなく、一部は、側面にも照射されるのではないか?そうなれば、 離れた場所に立って、WTC炎上を眺めていた人たちや救助者は、即死者が続出したであろう。だが、現実にはそのようなことは起きていないと思われる。
WTCの地下は、地下8階に相当する深さになっており、内部は分厚いコンクリートの枡のような形状になっている。付近の地層は、ハドソン川系の地下水に溢れており、WTC地下への漏水を防ぐために、堅牢なコンクリートによる防護がなされている。そのコンクリートの外の地盤は、地下水をたっぷり含んだ湿潤な地層である。
中性子は、水素と接すると減衰する。また、コンクリートは、水分を含んでいるため、同じ意味で遮蔽の役割をする。水爆がWTCの地下8階で爆発したと仮定すれば、まず、コンクリートで遮蔽され、さらには外側の水分をたっぷり含んだ地盤で、遮蔽される。減衰した中性子線は、地上の生物を殺傷するにはいたらなかった。そして、発生した中性子線の大半は上方に向けて集中的に照射された。このように推察する。付近の地中にいた生物には気の毒なことだが。

WTCのどこに小型水爆を仕掛けたら、あんなふうにきれいに粉々に「爆発」するのか?イラストでわかりやすい。
The Bombs In The WTC - A Possible Schematic
http://www.rense.com/general69/BMBB.HTM
放射線影響と放射線防護
http://sta-atm.jst.go.jp/atomica/09041003_1.html
B. 中性子線遮へい材
中性子線を低速中性子線に減速する確率の高い元素は中性子線の減速材として適している。速中性子線が減速されて低速中性子線または熱中性子線になると原子核に吸収されやすくなる。したがって、吸収能力の大きな元素が中性子の遮へい材に適しているが、中性子線が吸収されたことにより生じるガンマ線のエネルギーおよび放出割合が低い元素が望ましい。
 
中性子線の遮へい材としては下記のものが多く利用されている。
 a. コンクリート
 
水分を多量に含んでいることから、中性子線に対しても有効な遮へい材である。
 b. パラフィン
 
中性子線の遮へい材としてよく利用され、ブロック状に加工したものがよく用いられる。これに類似したものとしてポリエチレンがある。
 c.

 水
冷却型の原子炉では、中性子線の遮へい材として利用され、冷却材や減速材の性質ももっている。また、ガンマ線の遮へい材として、使用済燃料プール等にも使用されている
2003. 02. 05 核搭載バンカーバスター 国防総省がシステム開発に着手/米紙報道  東京朝刊 (読売新聞)
【ロサンゼルス支局】米紙ロサンゼルス・タイムズ(三日付)は、米国防総省が、核を搭載した地下攻撃用爆弾(バンカーバスター)を使用するためのコンピューター・システムの開発に着手したと報じた。同紙が入手した国防総省の未発表資料によると、このシステムは、地下深層部の攻撃目標のデータやそれを破壊するための威力など を計算し、核搭載のバンカーバスターの使用が必要かどうかを判断するという。さらに、空中に拡散する放射能を帯びた砂煙や毒性化 学物質などによる周辺の民間人への被害の可能性なども評価する。同システムの予算は十二億六千万ドルとされ、関係者は、冷戦時代の巨大な戦略核兵器に代わる新世代の「使える小型の核兵器」としての役割を模索しているという。
◇〈メモ〉バンカーバスター  英語の意味は「地下施設破壊者」。強固な岩盤などを貫いて地下数十メートルでさく裂する爆弾。

8)核の小型化  

水爆というのは原爆よりもはるかに威力の大きい大量破壊兵器である。WTCだけを攻撃出来るような小さなものが実在するのであろうか?あまりに威力の大きい核兵器は、使用すれば世界から非難を浴びる。近隣の友邦まで被害に巻き込んでしまうといった問題があり、現実には使えない。そこで、米国が危急に進めて きているのが、超小型の核の開発である。具体的には、核弾頭付バンカーバスターの場合で、広島型原爆の200分の一の威力の低威力核兵器が開発されつつある のが、確認されている。この事実が日本ではあまり知られていない。だが、超小型核の開発は既に達成できていると見る。
 

●核の小型化
地中貫通型核兵器・小型核・核実験準備態勢基礎情報
http://kakujoho.net/us/low_y.html
米国は低威力の核兵器を持っていないのか? 持っている。
5キロトンあるいはそれ以下に威力の大きさを「ダイヤル調節」できる巡航ミサイル用や戦術核爆弾用の弾頭が多数ある。
2002年保有数(配備数とは異なる)
出展:ハンス・クリステンセン私信及び、
http://www.thebulletin.org/issues/nukenotes/jf03nukenote.html
http://www.nrdc.org/nuclear/nudb/datab12.asp
●米国「核戦力体制見直し」と地下貫通型核兵器  “ならず者国家”の大量破壊兵器の破壊狙う  疑わしい「クリーンな核兵器」という説明
http://www.seikyo.org/article181.html
民間研究機関が機密を暴露
2001年末、米国防総省は近未来の核戦力体制の青写真ともいうべき報告書「核戦力体制見直し」を米議会に提出した。この報告書は具体的な行動計画ではないが、米国の核戦略の方向性を示唆する重要な文書である。
そして、機密扱いされている同報告書の抜粋が民間の研究機関グローバルセキュリティーによってこの3月にリークされたことで、米国防総省が言うところの「ならず者国家」(文書では具体的な国名が挙げられている)が保有するとされる大量破壊兵器を破壊するための核兵器開発構想の存在が明らかにされた。
報告書の抜粋(英語)は、http://www.globalsecurity.org/wmd/library/policy/dod/npr.htmで閲覧できる。
「核戦力体制見直し」は、世界の70カ国以上に大量破壊兵器(核、生物、化学兵器)の貯蔵や軍事司令部等の1400の地下軍事施設があると指摘して、米軍はこれらの地下施設を破壊する能力を保持していないと主張し、潜在的な敵国家が地下深く構築した施設を粉砕するための地下貫通型核兵器開発の必要性を訴える。
この核兵器は、核弾頭を地下深くで爆発させ、その熱と破壊力による地下軍事施設と大量破壊兵器の破壊を目的とする。この文書によれば、核爆発が地下深くに封じ込められる場合、放射性降下物が空中に飛散することはなく、地上の非戦闘員の死傷者数は従来に比べて少なくなるため、「クリーン」な核兵器となることが示唆されている。
以下は、参考までに。(核との関係が未解明であるため。)

8)核の小型化
地中貫通型核兵器・小型核・核実験準備態勢基礎情報
http://kakujoho.net/us/low_y.html
米国は低威力の核兵器を持っていないのか?
持っている。
5キロトンあるいはそれ以下に威力の大きさを「ダイヤル調節」できる巡航ミサイル用や戦術核爆弾用の弾頭が多数ある。
2002年保有数(配備数とは異なる)
戦術核爆弾用
     保有数  威力
B61-3   520   0.3, 1.5, 60, 170ktに調節可
B61-4   680   0.3, 1.5, 10, 40ktに調節可
B61-10   205  0.3, 5, 10, 80kt に調節可
巡航ミサイル用
W80    2120   5ktと150ktに調節可
参考:
戦略核爆弾用
B83    620   ktレベル─メガトンレベル
B61-7   470   4つの威力に調節可 最高350kt
B61-11   55   NPRによると単一威力
出典:
 ハンス・クリステンセン私信及び、
http://www.thebulletin.org/issues/nukenotes/jf03nukenote.html
http://www.nrdc.org/nuclear/nudb/datab12.asp

なるほど、水爆の小型化、爆発力の制御技術は、60年代に完成していたそうです。
The Development of Bomb Technology Related to the 9/11 Operation
http://members.surfeu.fi/11syyskuu/soldier3.htm
By controlling several layers of the explosion fronts the size of a nuclear bomb has been minimized during the 1960's (fission ? implosion). After that, the control of explosion force in nuclear explosions was developed. Too strong an explosion is sometimes unusable, for example when the enemy have broken too close to friendly cities.
で、純粋水爆がこの目的で注目され、小型化が図られた。そして、「爆破面積」を自在に調整できるようになった。たとえば、 最小を1とすると最大は100といった具合に。この技術は実は80年代に完成している。
While looking for a bomb with a small size and a strong effect, a pure hydrogen bomb was an obvious solution.
When no atomic device is needed for igniting, the size of the hydrogen bomb gets even smaller and the yield (effect) can be set within a wide range, for example between from 1 to 100. This succeeded in the 1980's
ソ連との戦争に備えて、地下の基地の破壊を狙った水爆を開発していたそうだ。地中に向けてまっしぐらに爆発力を集中させるバンカーバスター
型水爆だ。これは1990年代の初めに完成した。そして、現代では、小型戦術水素爆弾の「有効面積」も「方向」も、いかようにも制御できる
ようになっているそうだ。融合物質の量を調整することで、爆発の威力や爆発の形状を決定できる。
The former Soviet Union is said to have had more than 500 command centers durable for a small nuke. That led into the developing of different types of bunker busters. A working solution is a nuclear missile that directs 96% of its yield into a thin, all penetrating heat+blast wave forward, tunneling hundreds of meters downwards into solid rock. This type of a hydrogen bomb was developed somewhere in the early 1990's. Nowadays, both the yield and the direction of the destructive force of a small tactical hydrogen bomb can be somewhat controlled. The amount of fusion-able materials control the yield (effect) and the shape of the charge as well as the initiation arrangements impress the direction of the explosion wave.
超小型水爆、開発研究進行中。たったの0.1キロトン。というか、実はもう出来ているのでは?この記事は、2003年5月27日 ですし。3年たてば。
”研究“が解禁された《核弾頭付きバンカーバスター》の現実
http://www5.big.or.jp/~hellcat/news/0305/030527.html
研究》が承認されたのは5キロトン以下の低威力核兵器(low-yield nuclear weapon)とGBU−28/Bなどの通常の《バンカーバスター》で破壊できない地下深く埋蔵された目標を破壊するための「堅牢な地中貫徹型核兵器」(RNEP=Robust Nuclear Earth Penetrator)だ。「堅牢な地中貫徹型核兵器」などと直訳するとわけがわからないが、要するに《核弾頭付きバンカーバスター》のこと。
プリンストン大学の物理学者、ロブ・ネルソンによると、エネルギー量が広島型の200分の1、0・1キロトンの核爆弾が地上に影響を与えないために必要な深さは約70bだそうだ。現在米軍が所有している唯一の地中貫徹型核兵器《B61−11》だとわずか6bしか地中を掘り起こせないという。この深さで0・1キロトンの核爆弾が爆発すると、巨大なクレーターが形成され、広範囲の放射能汚染を引き起こすという。目標の完全破壊のために核弾頭の威力を増せば、当然、放射能汚染の規模も拡大する。
しかし、アメリカ人は上手く行かなかったら、その原因を突き止めて、試行錯誤しながら結局は、上手く行かせてしまう。近い将来に《クリーンな核爆発》を引き起こす核弾頭付きバンカーバスターが登場しそうな気がしないでもない。

9)水爆によるWTC倒壊のメカニズム
純粋水爆の攻撃力は、その「高温」である。一億度の熱で、標的を次々に蒸発させるか,溶解してしまう。WTCの地下7階相当の位置で上方にむけて爆発した純粋水爆の爆風は、下から順に、次々と鉄骨を蒸発させながら、徐々に爆風の断面積を広げていく。ビルを支える鉄骨はしたから順に「消滅」していく。結果、ビルは、まるで地面にのめり込むかのようにストンと潰れる。横転はしない。そして、WTC1、2の場合は、航空機の突入部分あたりで、爆風の上昇は完結し、亀裂部から爆炎が噴出した。(水爆実験をみても、どこまでも爆風が上昇するわけではない。頂点に達すれば、外側にきのこ状に広がる。これが、WTCの航空機突入部位あたりで起きるように計算されていたのではないか?そうなれば、爆風で粉砕されなかったビル上部は、ブロックの形状を保ったまま、直下にストンと堕ちてくる。WTC7では、きのこ雲型の噴煙は発生していないが、ビル上部から噴煙が出ている様子は撮影されている。WTC7では、水爆の爆発がビル内部で完結し、外側に大きなきのこ雲を排出するにはいたらなかったと推測する。

ただし、WTC1,2で考えた場合、下層階では、爆風が、ビル中心部のコア部分のみを破壊させることになり、外側の堅牢な鉄骨は残ってしまう。これでビル全体を倒壊させることが出来るのか?上部で鉄骨の支えを失った中層階の自重が、下層階の残存部分に掛かるが、自重のみで全体が 、あのようにきれいに崩壊するのか?倒壊前にビル内部の下層階で爆発があったと証言する生存者が複数いる。ビルを全面倒壊させる目的で、事前に強度の要になる下層階部分に通常爆弾やサーマイトによる事前爆破が行われていた可能性がある。 また、航空機が突入して出来た亀裂部分の近くでは、金属らしきものが溶融して流れ出しているのが、倒壊前に撮影されている。アルミであれ鉄であれ、溶解させるには、サーマイトなどによる高温が必要である。水爆と、それ以外の複数の破壊手段が複合的に用いられた可能性がある。また、後述するが、サーマイトは、比較的高温を発生させるため、水爆と同じ、鉄骨の溶融という結果を生む可能性がある。水爆の使用を隠蔽するために、WTCで実際にサーマイトが一部で使用されたのかもしれない。

WTC倒壊の経過を観察すると.....小型水爆が使用されたと推論できる。
Observations Suggesting the Use of Small Hydrogen Bombs
http://members.surfeu.fi/11syyskuu/soldier4.htm
1) The concrete pulverized into fine dust, 70…300 micron particles (just this could take more energy than the total
gravitational energy available). See Gehue plates 6 and 7
2) Very energetic ? hot ? dust after the explosions. (Demolition charges would produce white clouds of dust, which would not move much, and a gravity-driven collapse would produce much less and more coarse dust.)
3) Brown shades of color seen in the air ? these are produced by nuclear reactions of a thermonuclear device. The
reactions use (gamma radiation caused by free neutrons, N2, O2, H2O > nitrid acid, NO2, NO3). These clouds soon get their usual white color after some minutes as the heat and fast movement of the clouds cease becoming ordinary clouds with some water.
Witnesses say they heard bombs explode in WTC buildings.
http://www.bcrevolution.ca/bombs.htm
Edmund McNally, WTC 2 victim, 97th floor:
Edmund McNally phoned his wife Liz twice following the aircraft impact. Mr McNally said in his second phone call "Liz, this was a terrorist attack. I can hear explosions below me.''
Louie Cacchioli, a firefighter assigned to Engine 47 in Harlem:
"On the last trip up a bomb went off. We think there was bombs set in the building."
Kim White, WTC 1 survivor, on 80th floor at time of impact:
"We got down as far as the 74th floor [...] Then there was another explosion, so we left again by the stairwell."
NBC reporter Pat Dawson at the morning of 911:
”...The Chief of Safety of the Fire Department of New York told me that...er...he thinks that there were
actually devices that were planted in the building.

10)微細な粉塵が発生したわけ
WTC倒壊に伴い70-300ミクロンの微細な粉塵が生成され、上空から大量に飛散した。ビルを構成する物質の落下エネルギーが、コンクリートをここまで粉砕できるわけがない。通常型爆弾でも、「粉末加工」は出来ない。サーマイトでも同様だ。コンクリートには水分が含まれる。水爆が爆発して発生した1000万度の熱は、コンクリートに含まれる水分を一瞬に蒸発させる。蒸発による圧力、つまり爆発がコンクリートを粉々に砕く。これ以外には、原因が考えられない。




 

WTC水爆倒壊説 : 軍事専門家の意見
水爆で発生した1000万度の熱で、建物のコンクリート内部の水分が一瞬にして爆発し、コンクリートを粉々に砕いてしまう。人間もOA機器も熱と光に変わってしまい、何も残らない。だから、瓦礫のなかに、ほとんどなにも発見されなかった。
View of a Military Expert: Why the Towers of the World Trade Center collapsed
http://members.surfeu.fi/11syyskuu/soldier5.htm
As seen in the following pictures, the cores of the towers were not distracted by thousands of powerful cutting charges but by a modern thermonuclear explosive, a small hydrogen bomb. In the picture below, a hydrogen bomb explosion, the bomb having been placed in the cellar and directed to the core, has reached the roof of the tower and the upper parts of the outer walls. On its way up the waves of fire pressure partially penetrated about 100 floors of concrete and steel. Over ten million degrees of heat caused by a hydrogen bomb sublimised all water within the concrete in a moment. Water exploded extremely quickly into 24-fold volume and totally pulverized the concrete. Even people and computers that were in the buildings disappeared turning into heat and light. That is why almost nothing of them was found in the ruins.

11)WTC地下に三ヶ月間実在した溶解した鉄のプール

溶解したドロドロの鉄のプールが、WTC1、2、7の地下で発見されている。911以後三ヶ月たっても、プールは維持されていた。鉄は、2800度くらいで蒸発する。1850度程度で溶解する。極めて高い温度で熱せられたから、鉄のプールが出来たのである。さらには、WTC7では、鉄が蒸発した形跡が認められている。鉄は簡単には蒸発しない。なにが、原因足りうるか?サーマイトであろうか?溶解だけであるならば、それも考えうる。だが、蒸発したとなると、サーマイト説では無理がある。(サーマイト説が喧伝されている理由は、別途解説する。)一旦蒸発した鉄も、温度が下がれば、溶解した鉄に形を変える。これらは、地下に溶解したプールとなって溜まる。このプールを作りえたのは、1000万度の熱を発生する水爆である。これ以外には、原因が考えられない。
 

NEW SEISMIC DATA REFUTES OFFICIAL EXPLANATION
http://www.americanfreepress.net/09_03_02/NEW_SEISMIC_/new_seismic_.html
In the basements of the collapsed towers, where the 47 central support columns connected with the bedrock, hot spots of “literally molten steel” were discovered more than a month after the collapse. Such persistent and intense residual heat, 70 feet below the surface, in an oxygen starved environment, could explain how these crucial structural supports failed.
Peter Tully, president of Tully Construction of Flushing, N.Y., told AFP that he saw pools of “literally molten steel” at the World Trade Center.
Tully was contracted after the Sept. 11 tragedy to re move the debris from the site.
Tully called Mark Loizeaux, president of Controlled Demolition, Inc. (CDI) of Phoenix, Md., for consultation about removing the debris. CDI calls itself “the innovator and global leader in the controlled demolition and implosion of structures.”
Loizeaux, who cleaned up the bombed Alfred P. Murrah Federal Building in Oklahoma City, arrived at the WTC site two days later and wrote the clean-up plan for the entire operation.
AFP asked Loizeaux about the report of molten steel on the site.
“Yes,” he said, “hot spots of molten steel in the basements.”
These incredibly hot areas were found “at the bottoms of the elevator shafts of the main towers, down seven [basement] levels,” Loizeaux said.
The molten steel was found “three, four, and five weeks later, when the rubble was being removed,” Loizeaux said. He said molten steel was also found at 7 WTC, which collapsed mysteriously in the late afternoon. Construction steel has an extremely high melting point of about 2,800 degrees Fahrenheit.
911の数週間後になっても、溶けたままの高温の鉄がグラウンドゼロで撮影されている。WTCの地下で、911の何週間もあと(いや、何ヶ月もあと)になっても、1500℃を越す物が発見されたことは、いまだに説明されていない。
9/11- WTC Molten Metal Pics+Video
http://cortez.gnn.tv/blogs/11271/9_11_WTC_Molten_Metal_Pics_Video
The report also includes an image from Ground Zero showing molten hot steel, presumably weeks after 9/11. How temperatures exceeding 1500 degrees could be found in the sub-basements of the WTC towers weeks (and even months) after 9/11 has yet to be fully explained.
911の6週間後の撤去作業の動画。もうもうと立ち込める高温の蒸気。背後に赤く燃える鉄らしきものも。
http://plaguepuppy.net/public_html/video%20archive/red_hot_ground_zero_low_quality.wmv

ENGINEERS ARE BAFFLED OVER THE COLLAPSE OF 7 WTC
http://www.geocities.com/streakingobject/07NYTimes7WTCwhy.html
WTC7でみつかった、「鉄骨が蒸発した形跡」。一体、なにがそれだけの高温を鉄骨に与えたのか?水爆なら、特に問題ない。
A combination of an uncontrolled fire and the structural damage might have been able to bring the building down, some engineers said. But that would not explain steel members in the debris pile that appear to have been partly evaporated in extraordinarily high temperatures, Dr. Barnett said.

12)WTC倒壊時核爆発特有の地震波 が発生

マグニチュード2.1及び2.3の地震波が 、南棟、北棟倒壊時、それぞれ観測された。WTCから34キロ離れた、コロンビア大学のニューヨーク州にある観測所が観測をしている。地震波の発生原因は何か?ビル倒壊に伴う地震波なのか?
水爆を含む核実験で特有の地震波が観測されるのは、広く知られた事実である。核爆発による地震波形には特徴があり、時間が短く、揺れが鋭い。つまり、高いスパイクを見せる。 これは、水爆の爆発が、大きな力と速度を伴っていることを示している。また、自然の地震と比べ、核爆発によるそれは、非常にシンプルな波形をとるという。
このユニークな地震波の波形を分析することで、自然の地震と峻別することが出来る。現実に、世界中で地震波をモニターすることで、核実験を監視している。つまり、核が使われたことは隠蔽できない体制になっている。

そして、今回のWTC倒壊時にこの核爆発特有の波形が記録されている。ソ連の地下核実験、WTC北棟の地震波形を比較すると、同じ特徴が見られる。WTCで水爆が使われた 可能性が強いことが、ここからもわかる。以下のサイトでは、はっきりと「ツインタワーは、核で倒壊した」と明言している。
Ground Zero ? The Nuclear Demolition of the Twin Towers!!
http://www.reformation.org/ground-zero.html
All nuclear explosions have unique seismic signatures that are hard to disguise as earthquakes. They are short, sharp tremors that reveal the massive power and speed of the explosion.
ここで注目すべきは、アフガン戦争当時、地震波の波形から、「核が使われたのではないか?」と疑われたケースがあったことである。ブッシュ政権が、アフガンのタリバンを攻撃していた2001年10月、パキスタン西部のクエッタの北西88kmを震源とするマグニチュード3の地震が観測された。その特徴的な波形から、戦術核が使用されたと疑われた。その疑惑は、一部で報道もされている。だが、核爆発につきものの周辺の大気中の放射能濃度上昇等の報告が見られなかったため、中途半端でうやむやになった。「核実験には周辺の放射能濃度の上昇」がつきものだ」というのが、常識になっている。だから、それがみられなかったパキスタンのケースは、核の使用ではないと概ね判断された。そして、核爆発特有の揺れがみられるのに、放射能汚染がないという点では、パキスタンもWTCも共通している。さらには、爆発地点に大きなクレーターが出来、数十人が蒸発したインドネシア・バリ島の爆破事件でも、放射能汚染は報告されていない。これも示唆的な事実である。
 

13)WTC倒壊時核爆発特有の地震波 が発生
WTC倒壊直前地震を観測....爆破なら、地震は起ります
垂直倒壊と爆破音に関連して、興味深い報告がされております。
1.2つのビルの倒壊直前に、コロンビア大学ラモント・ドハティー地球観測所の地震計がマグニチュード2.1の2度の不思議な
地震観測していた。これはその後のビル倒壊時の20倍の鋭い地震あった。
2.倒壊したビルの地下には、溶解した鉄のプールができていた。火災による熱でできたとは考え難い。WTC7のビルでも同様であった。
http://www.americanfreepress.net/09_03_02/NEW_SEISMIC_/new_seismic_.html
NEW SEISMIC DATA REFUTES OFFICIAL EXPLANATION
Two unexplained "spikes" in the seismic record from Sept. 11 indicate huge bursts of energy shook the ground beneath the World Trade Center's twin towers immediately prior to the collapse.
===============
Rense.com
http://rense.com/general28/ioff.htm
New Seismic Data Refutes Official
WTC Explanation  By Christopher Bollyn
Two unexplained "spikes" in the seismic record from Sept. 11 indicate huge bursts of energy shook the ground beneath the World Trade Center's twin towers immediately prior to the collapse. American Free Press has learned of pools of "molten steel" found at the base of the collapsed twin
towers weeks after the collapse. Although the energy source for these incredibly hot areas has yet to be explained, New York seismometers recorded huge bursts of energy, which caused unexplained seismic "spikes" at the beginning of each collapse.
These spikes suggest that massive underground explosions may have literally knocked the towers off their foundations, causing them to collapse.
SEISMIC "SPIKES" 
Seismographs at Columbia University's Lamont-Doherty Earth Observatory in Palisades, New York, 21 miles north of the
WTC, recorded strange seismic activity on September 11 that has still not been explained.
While the aircraft crashes caused minimal earth shaking, significant earthquakes with unusual spikes occurred at the beginning of each
collapse. The Palisades seismic data recorded a 2.1 magnitude earthquake during the 10-second collapse of the South Tower at 9:59:04 and a 2.3 quake during the 8-second collapse of the North Tower at 10:28:31.

「地震波」は核実験の実施を感知する重要な手段

原研高崎放射性核種監視観測所、国際的な核実験監視施設の認証を取得
http://www.jaeri.go.jp/jpn/open/press/2004/040209/index.html
CTBTのIMSは、地震波、放射性核種、水中音響、微気圧振動を監視する4つの技術を利用した世界321カ所の観測所及び16カ所の公認実験施設から構成され、さらにその測定結果を世界的情報通信基盤(GCI)によりIDCに送り、そこから各国の国内データセンター(NDC)へ配信して、核爆発実験が実施されたか否かを監視する仕組みであり、現在その整備が進められている。
放射性核種監視観測所は、核実験で大気中に放出される特有の微量放射性核種を高感度の観測システムで検出するものである。地下核実験の場合、地震波の監視により異常検知を行い、さらに大気中に放出された放射性核種を監視することにより総合的な評価を行う。
「周辺国での大気中の放射能濃度上昇等の報告もない事などから、今回のバンカーバスターは間違いなく通常爆弾によるものであると思われる」それが甘いのでは?周辺国の放射能汚染がない核兵器を思い浮かべてみてください。純粋水爆。
アフガニスタンに対する米の非人道兵器使用に反対する 2001.10.13
もう一つのバンカーバスター、戦術核B-61-11
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Commentary/inhumanweapos20011013.htm
今回のバンカーバスターの使用と同時期に、パキスタン西部のクエッタの北西88kmを震源とするマグニチュード3の地震が観測された。一部報道では「戦術核使用」との観測も流れた。強力とはいえ、たかだか590kg程度の炸薬量では、マグニチュード3クラスの地震を引き起こすようなエネルギーは出せないからである。しかし結局使用された爆弾はGBU-28で、地震の原因は、地下施設に貯蔵されていたTNT換算数百トン分の弾薬類の誘爆によるものとされている。確かに純軍事的観点からも、政治的にも、現局面での戦術核の使用はほぼありえないと思われ、周辺国での大気中の放射能濃度上昇等の報告もない事などから、今回のバンカーバスターは間違いなく通常爆弾によるものであると思われるが、地震との関係等、詳しいことは分からない。地震の他に、一時「戦術核」が疑われたもう一つの理由は、バンカーバスターと呼ばれる爆弾には、GBU-28のような通常兵器のものと、戦術核兵器のものの二つのタイプがあることである。 GBU-28でも破壊できないような堅固な地下施設を破壊するために、B-61-11バンカーバスターと呼ばれる戦術核が開発、配備されている。この兵器は通常の戦術核兵器B-61を改良したもので、先端部を尖らせ、重量を重くしたもので、地表に激突後、何層にも重なったコンクリートを突き破りながら、掘削して進み、地下で核爆発を起こす。爆発のエネルギーは下方に集中するように設計され、数百メートル下までのあらゆる物体を破壊する。地表には巨大なクレーターが残るという。
「科学的」を掲げる『911解明』にはうかつに信用できない例があるのでご注意を!
http://www.asyura2.com/0510/bd42/msg/1069.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて
http://asyura2.com/0510/bd42/msg/1069.html
【グラフ:地震計記録】
http://www.ditrianum.org/Graphics/911_seismic_records.jpg
この地震記録の大切なポイントはむしろ、9時59分04秒と10時28分31秒に、極めて短時間の顕著な変化(スパイク)が現れており、これが「パンケーキ崩壊」論では全く説明が付かない、という点です。少なくともこれだけは間違いないでしょう。もちろん「公式見解」ではこの地震記録は無視されています。
周辺国での大気中の放射能濃度上昇等の報告もない事などから、今回のバンカーバスターは間違いなく通常爆弾によるものであると思われる」それが甘いのでは?周辺国の放射能汚染がない核兵器を思い浮かべてみてください。純粋水爆。
アフガニスタンに対する米の非人道兵器使用に反対する 2001.10.13
もう一つのバンカーバスター、戦術核B-61-11
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Commentary/inhumanweapos20011013.htm
今回のバンカーバスターの使用と同時期に、パキスタン西部のクエッタの北西88kmを震源とするマグニチュード3の地震が観測された。一部報道では「戦術核使用」との観測も流れた。強力とはいえ、たかだか590kg程度の炸薬量では、マグニチュード3クラスの地震を引き起こすようなエネルギーは出せないからである。しかし結局使用された爆弾はGBU-28で、地震の原因は、地下施設に貯蔵されていたTNT換算数百トン分の弾薬類の誘爆によるものとされている。確かに純軍事的観点からも、政治的にも、現局面での戦術核の使用はほぼありえないと思われ、周辺国での大気中の放射能濃度上昇等の報告もない事などから、今回のバンカーバスターは間違いなく通常爆弾によるものであると思われるが、地震との関係等、詳しいことは分からない。地震の他に、一時「戦術核」が疑われたもう一つの理由は、バンカーバスターと呼ばれる爆弾には、GBU-28のような通常兵器のものと、戦術核兵器のものの二つのタイプがあることである。 GBU-28でも破壊できないような堅固な地下施設を破壊するために、B-61-11バンカーバスターと呼ばれる戦術核が開発、配備されている。この兵器は通常の戦術核兵器B-61を改良したもので、先端部を尖らせ、重量を重くしたもので、地表に激突後、何層にも重なったコンクリートを突き破りながら、掘削して進み、地下で核爆発を起こす。爆発のエネルギーは下方に集中するように設計され、数百メートル下までのあらゆる物体を破壊する。地表には巨大なクレーターが残るという。

13)米軍は、既にアフガン、イラクなどで低威力核兵器を使ったのではないのか?
ここまで読んできた読者には、それがなにを示唆するものか、おわかりであろう。純粋水爆の爆発においては、周辺に顕著な放射能汚染はない。世界は、まだ、「純粋水爆」というものが実在する可能性に、全く気付いていないのである。
そのアフガンでもイラクでも、小児白血病など放射線被爆に起因すると思われる疾病が集団発生している。米軍が用いた劣化ウラン弾が原因だと、多くの人たちが思い込んでいる。思い込まされているのかもしれない。実際に劣化ウラン弾は使われている。そして、兵士や市民の体内から微量だが検出されるケースが半分ほどある。
(劣化ウラン被害を指弾する人たちの中に、左翼団体的な集団があるようだ。左翼の人たちの背後には、時として、特殊な資本家集団が見え隠れする。そして、その資本家たちは、ブッシュ政権の黒幕でもある。黒幕たちには、世界が劣化ウランを目の敵にしてくれたほうが都合が良いのかもしれない。ちなみに、この人たちのことをもっと知りたい方は、レーニンとトロツキーのスポンサーが誰であったかを調べることをお勧めする。)
劣化ウランによるとされる白血病や癌の発生は、イラクでも報告されている。イラクからの帰還兵が作った子供に障害が多発している。DNAの損傷を想起させる。イラクにおいても、核が使用されたのではないかと疑惑がもたれている事実がある。劣化ウラン被害の報告されるところでは、どこでも、核の使用が疑われている現実がある。また、アフガニスタンでは、兵士の持つライフルが熱で溶けていた、生存者は程なく死亡したなど、戦術核バンカーバスター弾の使用が疑われる事態が、戦場で起きていた。
白血病は、「劣化ウランが放射するかもしれない」アルファ線で発病する病気ではない。最初に疑うべきは、中性子線であり、中性子線は純粋水爆で照射される主たる放射線である。白血病の病態をみると、まさしく、被爆後5-10年で発病した広島長崎のケースと酷似している。そして、同じ白血病系統の血液細胞の癌が、911以降、WTC現場に最初に入った人たちの間で集団発生している。
 阿修羅における水爆説否定派の人物も、WTCの地震波の波形に「極めて短時間の顕著な変化(スパイク)」があることを認めており、ビル倒壊のによるパンケーキ 崩壊では「説明できない」ものであることを認めている。だが、あえて、核爆発との関係には言及を避けている様子だが。 同氏によると、公式見解もこの地震波のデータを無視しているという。無視せざるを得ないことを、彼らがしでかしたということである。ブッシュの背後の黒幕が。

13)米軍は、既にアフガン、イラクなどで低威力核兵器を使ったのではないのか?
●ロシア軍部が「米の対イラク核兵器使用可能性」を懸念 [読売新聞]
投稿者 あっしら 日時 2003 年 2 月 03 日 19:59:10:
http://www.asyura.com/2003/war23/msg/184.html
【モスクワ=古本朗】ロシア軍の核部門担当者らは、米軍がイラク攻撃を決行した場合、敵の大量破壊兵器を撃滅して完勝を期すため、低威力の核兵器を使用するのではないかとの懸念を強めている。露紙「独立新聞」(30日付)によると、露軍参謀本部戦略研究センターのワルフォロメイ・コロブシン大将は最近、米軍がイラクの地下の化学・生物兵器貯蔵庫を破壊する目的で、地層突入型核爆弾B61―11といった兵器を使用する可能性があることに言及した。B61―11は航空機から投下され、地下7―40メートルまで突入して爆発し、地震波で地下目標を破壊する。 爆発エネルギーの大きさを、0・3―80キロ・トンの範囲で選択でき、核兵器としては低威力だが、同紙は、地層が爆発で覆されて放射能が地表に噴き出し、深刻な汚染をもたらすのは必至だとしている。
また、米英が現在、現地に結集させつつある兵力は15万人未満で、湾岸戦争当時の多国籍軍(約70万人)に比べて格段に少ないにもかかわらず、今回は「国家としてのイラクを完敗させ、完全に支配する」という多国籍軍よりも困難な任務を遂行しなければならない点にも着目。同紙は、露軍専門家らの見方を踏まえ、この状況下で米軍がイラクの抗戦意思をくじき、早急に降伏させるための「唯一の解決策」として「少数の核兵器による攻撃」を選択する可能性があると報じた。 同紙はまた、イラクでの核使用には、他の「米国への潜在敵対勢力」を震え上がらせ、大量破壊兵器製造の意思を放棄させる効用があるとも伝えている。 (2月3日19:26)
イラク日記(7)劣化ウラン弾の町
2003年2月4日  田中 宇
今日は、南部の町バスラに行く日だ。バスラはクウェート国境近くのイラク第2の都市で、湾岸戦争の激戦地にも近い。湾岸戦争時、米軍はこの地域の戦闘で劣化ウラン弾を使用した。劣化ウランは原子力発電所などから出る核廃棄物だが、これを混ぜることで安い価格で密度の高い弾を作ることができ、ミサイルや対戦車砲の表面に使うと砲弾の貫通力が強まる。ウランは重い金属で、鉛の弾と同じ大きさで、鉛よりずっと同じ重さの弾を作れる。この重さが、貫通力を高める。
イラクの地図(ナゴヤ建機センターのホームページ内)バスラは右下。
劣化ウランは放射能を出して人体に被害を与えるが、戦場で使う分には「敵」に対してのみ放射能をばらまくのでかまわないということで、米軍は湾岸戦争やコソボ戦争などで劣化ウラン弾を使った。
ところが実際には「敵」の中には無数の市民がいた。クウェート国境近くのイラク領内で米軍が発射した大量の劣化ウラン弾からばらまかれた放射性物質は、砂漠の砂塵に混じって周辺の村々やバスラ市内に到達し、湾岸戦争が終わった数カ月後の1991年夏ごろから、バスラ一帯では放射能の影響と思われる白血病やガン、奇形児の出産が増加した。
これらの患者数は湾岸戦争から12年が経過した今になっても減らず、バスラだけでなく、バスラから500キロ離れた首都バクダッドなどでも、1995年ごろから劣化ウラン弾が原因と思われる白血病やガンなどの患者が増えだした。子供や胎児に被害が大きいため、バスラとバクダッドに、白血病やガンを専門とする小児科・産婦人科病院が作られている。
(湾岸戦争に参戦した米軍など多国籍軍の兵士にも、劣化ウラン弾が原因と思われる症状が出ている。最近ではアフガニスタンで同様の被害が注目され、2001年秋のアフガン戦争で米軍が劣化ウラン弾を使った可能性が指摘されている。アフガン戦争前の2000年5月に私がアフガニスタンに行ったときは、ジャララバードでアフガン人の医者が「ソ連軍が劣化ウラン弾をつかったため、奇形児が出産される率が高くなっている」と言っていたが)
●イラク侵略で使われた低威力核兵器
Detonations And Deceit
http://www.informationclearinghouse.info/article2072.htm
The USA has already used Nuclear Weapons in GWI and Afghanistan, and is duping us as it prepares to use them again in GWII
アフガニスタンで小型戦術核が使われた形跡。戦死した兵士の持つライフルが溶解していた。生存者は、しばらくして死亡した。米軍は、アフガニスタンで、新開発のサーモバリック爆弾(thermbaric bombs)の使用を示唆しているが、戦術核バンカーバスターの使用を隠蔽するための言い訳と思われる。サーモバリックでは、ライフルは溶けない。
OKCビル爆破では、マイクロニュークが用いられた。爆発物は、FBIとATFが設置した。
ビル・ディーグル医学博士、2004年9月8日
博士は、OKCビルの現場から帰還した軍の科学捜査チームの5人の健康診断を担当した。ひとりが、精子の検査を求めた。 今後子供が作れるかどうか、確かめておきたい由。手足と胸の発疹を博士に見せて、放射線によるものだと説明した。OKCビルの壁の支柱にFBIとATFの特殊ユニットによってマイクロニュークが仕掛けられ爆発した。5人は、ビルの破壊されなかった支柱に装着されていた、爆発しなかったソフトボールのサイズのマイクロニュークとC4パイナップルボンブを回収しに中に入った。
Micronuclear Devices Used in OKC Bombing: Explosives Placed by
Dr. Bill Deagle MD | September 8 2004
http://www.prisonplanet.com/articles/september2004/080904okcbombing.htm
"There were micronuclear bombs placed on support pillars in the walls of the Federal Building, by special units of the ATF and FBI. They were paged out not to enter the building on the morning of the detonation, and the Federal Judge was warned to cancel court that day. We removed to undetonated softball sized micronuclear bombs, and one C4 pineapple bomb, attached to the pillars of the remaining building."
ベイルートのハリリ・レバノン前首相爆殺は、イスラエルの小型核
Zionists Nuke Downtown Beirut - Again!
http://www.vialls.com/beirut/micronuke.html
In a desperate attempt to slow down their forthcoming defeat in Palestine, Jewish Special Forces micro-nuke former Prime Minister Rafik Hariri, then instruct western media outlets to falsely blame the atrocity on Syria Devoted husband Rafik Hariri in happier days with wife Nazek, flanked on the left and right by photographs of ground zero in Beirut, filmed before and after the micro-nuke was detonated by remote control in an underground sewage conduit. A large very clear image of the complete crater profile is shown further down
this page.
On 18 April 1983, Zionists bombed the American Embassy in Beirut, killing 63 people. Then on 23 October the same year, Jewish 'Special Forces' war criminals detonated two Dimona micro-nukes outside the American and French marine barracks in Beirut, killing 241 and 58 soldiers respectively. As with the murder of Rafik Hariri in 2005, western media outlets tried to 'false flag' Hezbollah and Syria for the atrocities. Ground Zero in Beirut after micro-nuke detonation on Monday. Crater diameter is 32 feet, and judging by
the angle of its exposed sides, has a total depth of between 12 and 14 feet. The flat light grey matter in the center of the crater is actually flotsam floating on seawater.
バリのナイトクラブ爆破事件。マイクロニュークが使われた。現場に出来たクレーター。犠牲者数十名が完全に蒸発している。特殊なミニニュークが使われた?アメリカとイスラエルが既に開発している。
Bali Micro Nuke - Lack of Radiation Confuses "Experts"
http://www.vialls.com/nuke/bali_micro_nuke.htm
英国タイム紙。バリの爆発。巨大なきのこ雲
October 14, 2002
'We saw a fireball ten storeys high'
from tim johnston in kuta, bali
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,4005-446515,00.html
The first explosion looked "like a car with a flame up through the middle of it", said survivors. "Then we saw the fireball, and it was incredibly wide and probably about ten storeys high just in flames alone. It was a mushroom cloud of flames," said Allen Joseph, who was taking a taxi back to his hotel after dinner with his partner when they became snarled in traffic less than 200 metres from the epicentre of the blast.
バリ島の爆発は小型核爆弾と断定 【警察当局】 投稿者 バリ本部 日時 2002 年 10 月 16 日 15:09:59:
http://www.asyura.com/2002/war17/msg/362.html
目撃者によると、爆発直後には巨大なキノコ雲が立ち、爆発による火災が2時間以上も続いたという。 ディスコ前の爆心地には直径5メートル深さ2メートルの巨大なクレーターができ、水がたまっていた。 軍事関係者によると「通常爆弾では、クレーターはそれほど広がらないはずだ。極めて小型の強力な爆発があった証拠だ」と語った。 【バリ現地新聞より】
イラク侵略で使われた低威力核兵器
Detonations And Deceit
http://www.informationclearinghouse.info/article2072.htm
After sending these musings to some friends, and people on my lists, one of them wrote me back saying:
"Hi,
My brother is an ex-Marine (I know - no such thing). He told me months ago (rather casually, I'm afraid) - when we were arguing over the phone about Bush possibly using nukes on Iraq - that these were just low- grade depleted uranium nukes they were talking about using - NOT the mushroom-cloud generating nukes that we traditionally think of when we talk about nukes - e.g., the ones that were used in Hiroshima and Nagasaki... Besides, he told me - the US had ALREADY used many of these low-grade depleted uranium
nukes in Iraq, during the FIRST Persian Gulf war, back in the early 90's. He seemed to believe that this
was common knowledge amongst the military, and most ex-military personnel. He said the only difference between Bush I and Bush II was that Bush II was being straight up front about the use of these weapons (as if that was something to commend him for...!!!).
So - I'm very inclined to believe this piece of scoop."
To which I replied:
"Thank you for sharing with us this insight of a man on the spot.
Please thank your brother too.
I am quite certain that your brother has had solid information that nuclear weapons were used, especially in the landings on the Kuwaiti shore, see below.
"However, I believe your brother was referring to a LOW-YIELD Nuclear Weapon, rather than a LOW-GRADE weapon?
"It is almost impossible to get a fission reaction going with U-238 except under immense neutron flux, it being, under normal conditions, a FISSIONABLE material, but NOT a FISSILE material, the latter class being capable of spontaneous fission under certain quantitative and kinetic material density increases and other considerations, as is possible with the traditional U-235 and Plutonium-239.
"However, U-238 or so-called "Depleted Uranium", i.e., U-238 fairly leached of its fissile U-235 content, IS fissionable under heavy neutron flux, which jumps it up into Plutonium 239 when it is deliberately used for the casing on the FUSION aggregate of a thermonulear weapon (Hydrogen Bomb). "What I believe your brother meant, are LOW-YIELD nuclear weapons, i.e., of (relatively) low energy output, (between a few tons' and a few hundred tons' TNT-equivalent) which, due to clever design, such as the use of Red Mercury or Mercuric-Stibic Heptoxide (Hg2Sb2O7) as carrier and tamper for Pu-239 incorporated into its crystalline structure, combined with electromagnetic implosion using heavy fields generated by FCGs (Flux-Compression (explosive) Generators), can make even relatively miniscule amounts of Pu-239 fission, and are also much more efficient in the percentage of fissile material they manage to fission when they are initiated, so fallout is low, and the "Neutron Bomb" which is something like a very small nuke, produces a high-density neutron flux which can penetrate armor and also underground facilities and killed, most likely, the Iraqi soldiers in their dugouts in Kuwait, before they were bulldozed over.
アフガニスタンで小型戦術核が使われた形跡。戦死した兵士の持つライフルが溶解していた。生存者は、しばらくして死亡した。米軍は、アフガニスタンで、新開発のサーモバリック爆弾(thermbaric bombs)の使用を示唆しているが、戦術核バンカーバスターの使用を隠蔽するための言い訳と思われる。サーモバリックでは、ライフルは解けない。
"Dear Editor,
I recently received an unconfirmable report of weapons used by the USA in Afghanistan, which melted rifles
in the hands of dead soldiers:
Perpetual Death From America
By Mohammed Daud Miraki, MA, MA, PhD
Afghan-American Freelance Academic
Mdmiraki@ameritech.net  2-24-3
http://www.rense.com/general35/perp.htm
Many survivors died within a short time thereafter.
Having once been interested in these sorts of things, I know the duration and energy output of a fuel-air or "thermobaric" bomb produces far too low an energy density for this phenomenon to occur.
As America's intention to use thermbaric bombs was announced some days in advance of their actual application, I pondered at the time if this were not a cover-story, much as the cover-story to the first Alamogordo test, to explain away in advance actual testing of tactical nuclear bunker-busters in Afghanistan.
Since the reports of melted weapons have surfaced, I urge you please, to push this theme, as, if it were exposed as being a fact, the adverse publicity would discredit the United States and Britain, and also prevent further usage of these weapons, should the war against the hapless population of Iraq go ahead.
Thank you for your attention,
George Paxinos"

では、水爆以外では、地震波は発生しないのだろうか?少なくともサーマイトは、「爆発」ではない。「燃焼」である。地震波は発生し
ない。通常爆弾であろうか?そうかもしれない。だが、水爆で発生する地震波と爆破によるものは波形が異なる。 地震波から、やはり、水爆が使用されたことが、大いに疑われる。

14)WTCの遺体1600が蒸発
WTCの瓦礫の中で、遺体を収容する作業が行われた。だが、いくら探しても、1600人分の遺体が全くない。焼死しても、全部きれいになくなりはしない。炭化しても残骸は残る。だが、全く残っていない 。主任検死官は、遺体が蒸発してしまった、と言うしかない。識別しようにもできなかった」遺族にこう報告している。検死官は、「蒸発した」というのを、英語でvaporizedと表現しているのだそうだ。それほどの高熱を水爆以外の何が与えうるのか? 実は、同様に犠牲者の遺体が蒸発してしまった爆破事件が他にもおきている。インドネシアバリ島のディスコで起きた爆破事件である。数十人の遺体が完全に消滅している。バリの事件については、ジョー ・バイオール氏が、マイクロ・ニュークが使われたのではないかと疑惑を提起している。

14)WTCの遺体1600が蒸発
The World Trade Center Terror Attack: Will the Environmental Impacts Harm Even More?
http://naturalhealthline.com/newsletter/15sep01/wtc.htm
崩壊したビルの瓦礫に、絶えず水をかけつづけた。建物を壊したとき、必ず水をかけるように、当たり前のことをしたのである。ところが、なかなか消えずに、3か月以上も燃えつづけた。すさまじさがよくわかろう、というものである。
その後、上院WTC倒壊調査委員会のメンバーは、公聴会で、「我々が倒壊現場に入れたのは、事件後1か月以上もたってからだった」と不満を述べている。にもかかわらず、証拠となるはずの瓦礫を調べようともせず、160万トン以上もの瓦礫を、3か月にわたり、マンハッタン沖スタッテン島に運び出してしまった。
問題は二つあった。一つは瓦礫の中の遺体、遺品による身元確認である。もう一つは、瓦礫に残った建物の残骸、遺体、遺品を調べて、ビル崩壊の原因を探ることである。
身元確認は、2002年7月15日をもって打ち切られた。判明したのは、行方不明者約2800人の4割にあたる、1200余人だった。最初のころ専門家は、遺体を焼却するには、華氏3200度(摂氏1778度)で30分、熱する必要があると言っていた。ジェット燃料は、通常の家の火災温度華氏1700度以下にしかならないので、遺体の内部まで燃えてしまうことはない。だから身元確認は可能、いう判断である。
ところが、AP通信は、被害者は「蒸発した」かもしれない、というショッキングな報告を出したのである。原典は以下の『ワシントンポスト』の記事。
http://www.papillonsartpalace.com/wtc.htm
WTC Victims May Have Been 'Vaporized'
11月になって、主任検死官のハーシュ博士は、遺族を前に、「遺体が蒸発してしまった、と言うしかない。識別しようにもできなかった」と述べた。彼がインタビューを断ったので、くわしいことはわからない。「蒸発した」というのは、英語でvaporizedと表現している。現地の専門家の見解は、注目すべきだろう。
WTCビルの崩壊は、いわば殺人事件である。ところが、現場保全を一切しないまま、瓦礫を運び出してしまった。証拠をスタッテン島に運んでしまったのは、証拠隠滅と言われても仕方がないだろう。このアメリカ政府のやり方に、上院WTC倒壊調査委員会のメンバーは、公聴会で、搬出された鉄骨類が調査されないうちに処分されたことはおかしいと、疑問を提出した。
消防士たちも、真相究明をするべきだ、と声をあげている。消防士たちの雑誌"Fire Engineering"は、FEMA(連邦緊急時管理局)やアメリカ土木技師協会が急いで進めた「公式調査」なるものを、"Half-Baked Farce"「生はんかの茶番劇」と称した。しかし、当のFEMAは「記事を見ていない」という理由で、コメントを拒否している。

15)停電・通信障害
WTC倒壊時、マンハッタンで停電がおきたほか、GSM携帯電話が使えなくなった、デジタルカメラやビデオカメラにおかしな残光が映っている、電話もファックスも電子メールも駄目になった。復旧には12月まで掛かっている。消防士の使うウォーキートーキーも駄目になったから、 指揮官が南棟倒壊後北棟に残っていた隊員に避難する様に指示も出来なかったそうだ。同じような不具合は94年の爆破事件のとにもおきている。 核爆発では、電子機器、通信機器が使い物にならなくなる。まさに、水爆が使われたら、こういう事態になる。サーマイトでも通常爆破でも、このような現象はおき得ない。

Observations Suggesting the Use of Small Hydrogen Bombs
http://members.surfeu.fi/11syyskuu/soldier4.htm
6) An EMP-type phenomenon blacked out GSM phones at the moment when the first (southern) tower started to 'fall down', at the exact moment when a small thermonuclear bomb was detonated. Even in electronic cameras and videos a strange afterglow was seen in the late phase of the 'collapse' of both of the towers. See
Gehue plate 5

16)現場で検知された放射能
浜田和幸さんが、講談社から出した「アフガン暗黒回廊ーアメリカ軍産複合地下帝国の陰謀」では、WTCの現場で、通常の10倍以上の放射能が検出されていたと 記載されている。アメリカの別の記事を読んも、WTC周辺だけで、トリチウム(水素のβ放射性同位体)の濃度が、通常の8倍まで上昇しているのをカリフォルニア大学が、発見している。トリチウムは、「純粋水爆」生成される水素の放射性同位体 である。純粋水爆が爆発しない限り出てこないはずだ。だが、メディアも当局も放射能の件には、以後、一切触れていない。 また、極端に高い放射線が検出されていないのも、純粋水爆を示唆する。純粋水爆で照射される放射線の主たるものは、ガイガーカウンターでは検出できない中性子線だからである。
また、911では、倒壊直後から3ヶ月間連続して、放水が続けられ、地下に巨大な池が出来上がっている。溶解した鉄のプールを冷やす目的であろうか?水は、実は放射線、中でも中性子線を洗い流すのに最適の媒体である。中性子線は、水素と接触すると遮蔽され、減衰する。911で核が使われ、現場に中性子線が強く残っていた場合、まず、水で洗い流して被爆の程度を緩和する必要があろう。それでも、あれだけの癌患者が発生しているわけであるから。ちなみに、同じく小型核が使われたと思われる、OKCビルの爆破事件では、直後に当局が大量の」コンクリートを爆破現場に流し込んでいる。コンクリートは多量の水分を含むため中性子線の遮蔽に用いられるが、OKCではその目的で使用された模様である。

16)現場で検知された放射能
【通常より高濃度の放射能が検出された。一体なにが?】
【アフガン暗黒回廊ーアメリカ軍産複合地下帝国の陰謀」 浜田和幸氏 講談社
WTCビルや国防総省の事故現場に急行した医師がガイガー・カウンターで放射能の濃度を測ったところ、通常の10倍以上が検出されたという。その事実をワシントンの放射能情報リソースセンター、環境保護省、FBIなどに通報した。環境保護省の検査官が調査に来たが、「確かに放射能が検出されたが、吸い込まなければ問題ない」といって、お茶を濁して終わったという。その後、この放射能の件はタブーとなっているようだ。
911 Debris Dust Was Toxic and Nuclear!
http://www.911eyewitness.com/truth/index.php?name=News&file=article&sid=56
Posted by: 911eyewitness on Friday, June 16, 2006 - 12:32 PM
he reports on the dust debris that settled and flowed over the east of New York City on September 11, 2001 had more than just asbestos within it's poisonous mix. The WMD option in NYC may be hard to swallow, but it's footprint is everywhere.
As reported by the analysis:
"Radionuclides. We analyzed the gamma spectrum of the samples using an EG&G/Ortec high-purity Ge detector (50% relative efficiency) gamma counter (EG&G/Ortec Instruments, Inc., Oak Ridge, TN). We analyzed approximately 50 peaks based on statistical significance (counting/lack of interferences). These included thorium, uranium, actinium series, and primordial radionuclides. Liquid scintillation analyses were conducted for emissions on the total dust and smoke samples using a Packard Tri-Carb Model 2770 TR/SL (Packard Instrument, Meriden, CT). The MDA for alpha radioactivity was 0.30 DPM (0.14 pCi) based on a NIST-traceable 226Ra standard (National Institute of Standards and Technology, Gaithersburg, MD). When placed in the liquid scintillation fluid, the WTC samples are somewhat darker than the backgrounds and calibration standard, which may cause slight underreporting of the beta activity due to quenching and standard-to-sample efficiency bias. "
http://www.ehponline.org/members/2002/110p703-714lioy/lioy-full.html
NYのなかで、WTC周辺だけで、トリチウム(水素のβ放射性同位体)の濃度が上昇している。カリフォルニア大学が、WTC区域
で、9月13日と21日に濃度の上昇を発見している。だが、健康に支障はないと判断した。純粋水爆においては、水素の同位体
が融合に使われる。

Observations Suggesting the Use of Small Hydrogen Bombs
http://members.surfeu.fi/11syyskuu/soldier4.htm
5) Elevated values of tritium in this area, but not elsewhere in New York. The University of California found elevated values on 9/13/2001 and 9/21/2001 within bounds of the WTC. They found them harmless for health. In pure hydrogen bomb isotopes of hydrogen are fused (D + T > n + a + 17.6 MeV).
911直後から、WTCの瓦礫に連続して三ヶ月間放水を続けてきた消防隊。とんでもない量の水を放水した、巨大な池を作っているかのようだったと証言。放射線を洗い流し、痕跡を消すには、放水が最良の手段。

WTC Fires All But Defeated
December 19, 2001
http://www.whatreallyhappened.com/wtc_fires_911.html
Firefighters have extinguished almost all but the last remnants of underground fires that have burned at the
World Trade Center site for more than three months since the Sept. 11 terrorist attack.
The fires that began with the Sept. 11 attacks had been strong enough that firetrucks had to spray a nearly constant jet of water on them. At times, the flames slowed the work of clearing the site.
"You couldn't even begin to imagine how much water was pumped in there," said Tom Manley of the Uniformed  Firefighters Association, the largest fire department union. "It was like you were creating a giant lake."
放射線影響と放射線防護
http://sta-atm.jst.go.jp/atomica/09041003_1.html
B. 中性子線遮へい材
中性子線を低速中性子線に減速する確率の高い元素は中性子線の減速材として適している。速中性子線が減速されて低速中性子線または熱中性子線になると原子核に吸収されやすくなる。したがって、吸収能力の大きな元素が中性子の遮へい材に適しているが、中性子線が吸収されたことにより生じるガンマ線のエネルギーおよび放出割合が低い元素が望ましい。中性子線の遮へい材としては下記のものが多く利用されている。
a. コンクリート
水分を多量に含んでいることから、中性子線に対しても有効な遮へい材である。
b. パラフィン
中性子線の遮へい材としてよく利用され、ブロック状に加工したものがよく用いられる。これに類似したものとしてポリエチレンがある。
c.

冷却型の原子炉では、中性子線の遮へい材として利用され、冷却材や減速材の性質ももっている。また、ガンマ線の遮へい材として、使用済燃料プール等にも使用されている

17)水爆説を打ち消すためのサーマイト説
サーマイトとは、
酸化鉄などを使って、一種の酸化還元反応で高熱を生み出す手法 である。3000-4000度の高温が発生する。だが、WTC7では、鉄骨が溶解しただけではなく、蒸発した形跡が見つかっている。NYTの記事にもなっている。鉄が蒸発するには、2800から3000℃の温度が必要だ。確かに、サーマイト法なら、鉄の沸点を超える燃焼温度になりうる場合があるが、燃焼温度イコール鉄そのものの温度 ではない。実際、純粋水爆を使ったところで、爆弾の近くの鉄でも、4000℃程度までしか熱せられないらしい。サーマイトでは条件はもっとずっと悪い。それに、WTCの膨大な鉄を溶かしたり蒸発させるには、 大量の化学品を下から上まで段階的に仕掛けなくては駄目であろう。そんなことしたら、すぐに人目につく。 それに、コンクリートを粉々に粉砕したことは、サーマイト説では、逆立ちしても説明できないし。さらには、WTC倒壊の直前に地震波が観測されている。核の爆発が引き起こした地震だと考えられるが、サーマイト では地震はおきない。同じ時間に携帯電話がWTC周辺だけで不通になっている。これは、核爆発の典型的な副産物だ。これもサーマイトでは起きようがない。通常爆弾倒壊説よりは少しはましだが、 どちらにせよ、すべてを説明できるものではない。サーマイト説を提唱している学者が、実は、常温核融合の専門家だというのが、示唆的でもある。ブリガムヤング大学のスティーブン・ジョーンズ教授 だが、「常温核融合」とWTCの爆発の関わりを隠すために、起用されたのではないか?
米国の911疑惑追及サイトである
911 EyeWitnessは、ジョーンズ教授に公開質問状を突きつけることで、「WTC倒壊は水爆によるもの」ではなかったのかと、追及している。 (要旨を翻訳した。 )911EYEWITNESSと、協力者のフィンランドの専門家は、「純粋水爆が既に完成していて、米国とイスラエルが所有している」との前提で話を進めている。そう断言できる情報も持っているようだ。「爆破技術の専門家」ではない、ジョーンズ教授が、サーマイトによる爆破説を主張し、自らの専門分野である常温核融合による水爆説には一切触れずに、強情に否定する姿勢を示していることに、私を含めた一部の人たちは、何かを感じ始めている。
スティーブン・ジョーンズ教授への公開質問状 (911EYEWITNESS)
http://www.911eyewitness.com/truth/index.php?name=News&file=article&sid=61
WTC倒壊に使われたのは、サーマイトやRDXだけではないのではないか?核融合装置が主たる兵器ではなかったのか?それは、米国ないしはイスラエルのみが、供給しうるものである。核融合においては、ウラニウムやプルトニウムを用いた核分裂で発生するようなフォールアウトは出て来ない。核融合による放射線は、7-12時間で消滅し、4万ドルの特殊な装置がない限り検出できない。その放射線は連続的な放水で、遮蔽されてしまう。証拠となる副産物は、トリチウムと原子サイズの金属であるが、WTCではこれらが発見されながら、「無視」されている。
WTCで核融合装置が使われた証拠 (翻訳)
1.公式研究によると、コンクリートの99%を超微粒子に粉砕したとのこと。核融合装置の数百万度の熱が、コンクリートの床に含まれる水分を急速に膨張させたとき、コンクリートの粉塵が、タワーの全体にわたって即座に生成される。
2.超高温で加熱された鉄骨が蒸発している(落下する間に連続的に蒸発している。)様子が、タワーの倒壊のビデオでみつかっている。これには、サーメイト法で得られる温度のほぼ二倍の均一な温度が必要となる。
3.22トンの外壁の鉄の構造物が、200メートル離れたウインターガーデンまで飛ばされている。爆発物では、これに必要なエネルギーが得られない。
4.330トンの外壁の支柱の一部が、タワーの側面に剥がれ出ている。爆発物では、これに必要なエネルギーが得られない。
5.WTC1,2,7のエレベーターシャフトの底に溜まった溶融した鉄の池。下層階の47本の鉄柱の厚みから考えて、サーメイト法は現実的ではない。
6.天辺部分の動作(20-30秒の間静止、蒸発、落下、鉄骨の破片が残る。)
7.地震計のシャープなスパイクの記録。(リヒター2.1と2.3)両方のタワーの倒壊の開始時に起こっている。時間は短く、強力であることが、爆発的な事象であったことを示している。
8.50トンの重量のプレス機械がツインタワーの地下階から消滅している。瓦礫からも回収されなかった。
9.広い範囲で、停電がおき、修理に三ヶ月掛かった。核融合装置は、コンプトン効果を伴う電磁パルスの原因となる。
10.放水を連続して行ったにもかかわらず、消火には100日を要した。サーメイトではもっと早く冷却できる。
11.核の放射線が生成した硫酸により、空気中に茶色の影が出来る。テレビ報道や記録映像が、色のバランスを青に変えて、この事実を隠しているのは、真相隠蔽のための謀略ではないのか?
12.トリチウムの濃度は、WTCでは上昇が見られたが、NYのほかの地域では記録されていない。公式研究では、2機のボーイングジェット機の8個の出口サインが原因だという。それゆえに、「商用機ではなかった」とする説が重要になってくる。この点は、核融合装置が使われたことの決定的な証拠となり、米国・イスラエルの関与が疑われることにもなる。
13.コンクリートで出来た噴煙に、火砕性の流れが観察される。これは、火山の噴火及び核爆発において見られるものである。
14.粉塵でできた巨大な噴煙は、建物の5倍の大きさに拡大したが、従来型のビル爆破用爆発物では到底起こりえない、極端に高い熱が作られたことを示している。
15.瓦礫の高さは、通常の倒壊では元の高さの33%程度となるはずだが、10%ほどでしかなかった。核融合装置が、地下の中央の鉄骨構造を消滅させたため、上部の鉄骨構造が、その空間に落ち込み、瓦礫の高さを低くした。
16.瓦礫のひとつのコーナーポケットにいた消防士たち以外には生存者はいなかった。彼らは、倒壊して堕ちてくる破片に押しつぶされることもなく、自分たちの上空に広がる青空を見ていた。上方に向けた核融合の閃光は、このポケットを直撃しそこなったが、消防士たちの上空にあった破片を取り除いた。
17.14匹の救助犬と何人かの救助隊員が程なく死亡したが、アスベストや粉塵の毒物が原因とされている。(核融合によるアルファ線は、はるかに毒性が強く、呼吸器系の問題を引き起こす。)
18.原子サイズに近い金属粒子の塊が、粉塵の中に見つかったが、蒸発した鉄から発生したものである。核融合以外では起こりえない。
19.サイトから回収された全ての鉄骨に対する、グランドゼロで使われた汚染防止の手法(高圧放水)放水は、核融合の放射線を遮蔽する。
20.瓦礫の中から死体も家具もコンピューターも発見されていない。しかし、無傷の紙のシートが、細かい粉塵とともに道路を覆った。核融合のエネルギーを吸収した物質は、蒸発したが、紙はそうはならなかった。
21.WTC1と2の頂上に20万ガロンのスプリンクラー用の水槽があった。だが、廃墟に水は一切なかった。核融合の熱は、大量の貯水槽の水を蒸発させる。
22.WTCの周囲で、車両が爆発し、多くの焼け落ちた残骸には破片がヒットした形跡はみられなかった。核融合のエネルギーと電磁パルスは、乗用車の電気部品を爆発させ、WTC現場から離れた車を発火させる原因となる。
23.高品質の電子回路を持った放送用カメラで、電磁パルスが記録されている。これは、倒壊のはじめにラモント・ドハーティーで記録された地震波のピークと時間的に一致する。これは。コンプトン効果によるものであり、WTC周辺の広い範囲の停電の原因になった。
(以下省略。)


18)WTCで不審な停電工事・ブッシュ末弟の警備会社が関与。
水爆をWTCの地下に設置するとなると、それなりに工事設備や人の出入りが必要となる。驚いたことに、9月8,9日の週末に、WTCで停電工事が行われている。その間、セキュリティーロックもセキュリティーカメラも作動していない。爆発物探知犬が、常に見回りしていたはずなのに、6日から急に来なくなった。 停電している間に、特殊な設備が運び込まれて、設置されたのかもしれない。しかも、そのWTCの警備関係の設備業者が、ブッシュの末弟の会社であった。警備関係の設備設置の名目で、おかしな爆弾や起爆装置を持ち込むことも出来たかもしれない。そして起爆後は、それらの設備の上には、蒸発溶解した高温の鉄が降り注ぐ。全ては焼き尽くされ溶解し、証拠は自動的に隠滅される。

以上小型戦術核純粋水爆説に立脚すると、WTCの現象の多くが明快に説明されることに、読者諸兄は少なからず驚かれたことであろう。世界の目が水爆説に向かうのを恐れ、急遽、現象を部分的にせよ説明できるサーマイト説が喧伝され、注意を引こうとしているように考えるのは私だけであろうか?911内部犯行者たちは、我々の想像以上に追い詰められていると観測する。彼らの最後のときが迫っている。

911前、9月8日(土)、9日(日)のWTC停電工事 勿論セキュリティ・カメラもセキュリティ・ロックも稼動せず、人はまばら。911前にWTCのセキュリティレベルがアップされていたものの、なぜか爆破探知犬は6日木曜日に突然来なくなった。
Heightened Security Alert Had Just Been Lifted
http://www.nynewsday.com/news/local/manhattan/wtc/ny-nyaler122362178sep12,0,6794009.story
The World Trade Center was destroyed just days after a heightened security alert was lifted at the landmark
110-story towers, security personnel said yesterday.
Daria Coard, 37, a guard at Tower One, said the security detail had been working 12-hour shifts for the past
two weeks because of numerous phone threats. But on Thursday, bomb- sniffing dogs were abruptly removed.
そして週末8日、9日にWTC2で設備更新のためと称するパワーダウンがあった。
■911、WTC、ダレス空港、ユナイテッド航空の警備会社はブッシュ関連企業
http://counternews.blogtribe.org/entry-aca10178c862a253ebd8334ec775552f.html
ローガン空港のセキュリティ・スクリーニングはリクード不正資金に関連するオランダ・ベースのイスラエル系企業が行っていた。一方警備会社についてはブッシュの腐臭が漂う。ご存知の方も多いだろうがWTC、ダレス空港、ユナイテッド航空の警備会社にリンクする。シャロンとブッシュの最強タッグの構図がここでも見られるというわけだ。その警備会社にリンクするのはマーヴィン・ブッシュである。911を発生させる重要な鍵となる警備会社にもブッシュは関連しているのだ。
暗いニュースリンク
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/cat114727/index.html
マービン・ピアース・ブッシュ(Marvin Pierce Bush) ジョージ・W・ブッシュの弟(末弟)。実業家。 マービン氏は911テロの際、WTCのビル内警備設備とダラス空港(ハイジャック犯が搭乗した空港)の警備設備を提供していた企業、セキュラコム社(現Stratesec社)の役員だった。
Bush-Linked Company Handled Security for the WTC, Dulles and United
by Margie Burns
http://www.commondreams.org/views03/0204-06.htm
George W. Bush's brother was on the board of directors of a company providing electronic security for the World Trade Center, Dulles International Airport and United Airlines, according to public records. The company was backed by an investment firm, the Kuwait-American Corp., also linked for years to the Bush family.
The security company, formerly named Securacom and now named Stratesec, is in Sterling, Va.. Its CEO, Barry McDaniel, said the company had a ``completion contract" to handle some of the security at the World Trade Center ``up to the day the buildings fell down."
It also had a three-year contract to maintain electronic security systems at Dulles Airport, according to a Dulles contracting official. Securacom/Stratesec also handled some security for United Airlines in the 1990s, according to McDaniel, but it had been completed before his arriving on the board in 1998.

 

19)WTC症候群も、水爆によるベータ線被爆が原因ではないのか?
WTC症候群と呼ばれる病気で多くのニューヨーカーが苦しんでいる。911当日、WTC周辺にいた人たちが罹患している病気の主たるものは、呼吸器系の疾患だ。そして、だれもが倒壊したWTCの粉塵を吸い込んだのが原因だと思い込んでいる。一部の医師すらもそう信じている。だが、粉塵に含まれたかもしれないアスベストなどよりもはるかに重大な疾患を引き起こす有害物質がある。 純粋水爆の爆発により、放射性同位体であるトリチウムが発生する。粉塵に含まれた鉄粉などとともに吸引されたトリチウムは、体内で呼吸器や消化器などにの沈着残留する。そして、ベータ線を放射し続ける。トリチウムの半減期は、12.3年であり、長い間、被爆し続けることになる。患者は呼吸困難に陥る。これがWTC症候群の真相であると考える。

(暫時、追補、改定の予定です。)
参考サイト:
★WTCを倒壊させたのは、イスラエルの水爆?
英文サイト: WTC WAS DEMOLISHED BY HYDROGEN BOMB.
参考資料: WTC小型水爆倒壊説の検証ー参考資料集
以 上