決算書とは?
    決算書を読む力をつける事で投資するチャンスを見つけます。
    また危険な会社も見抜ければリスクも当然減ります。
    会計の知識も若干ながら増えることでしょう。
    投資判断の材料の一つとして役に立つはずです。

まずは気になる企業のIR情報から決算短信をダウンロードしましょう。
(連結会社があれば決算短信(連結)で)
この決算短信を見れば企業集団の状況、経営方針、経営成績及び財政状態、財務諸表
など数十ページにわたり書かれています。
いくつもの企業の決算をチェックしたりするわけですから
全てをじっくり読んでると時間がどんどん無くなります。

じゃあどこ読めばいいの?

よく聞く決算書とは決算短信の中にもある財務諸表のことでこれをしっかり読むんです。
@損益計算書
A貸借対照表
Bキャッシュフロー計算書

最低限この3つはチェックしたいですね。
時間がない方も決算短信の1ページ目くらいは目を通しましょう。




簡単に@〜Bでは何がわかるのかを説明しておきます。
@損益計算書では一定期間内にどれだけ儲けがでたかがわかります。
A貸借対照表では企業の財政状況がわかります。
Bキャッシュフロー計算書では一定期間内のお金の出入りがわかります。

株式に投資するのですから自分が投資する企業の決算は気になります。
っていうか気にならない人 気にしましょう!
儲けが出てない企業、投資したお金を有効利用してくれてない企業、借金だらけの企業
どれも投資したくはないですから・・・

よくニュースで今年は黒字に転換したなどとありますが
ここで皆さん何を考えますか?
本業が不振でも黒字にする方法はいくらでもありますから注意しましょうね。
自分で分析していい企業を探せるようになりましょう。





























HOME