損益計算書とは?
    貸借対照表についてチェックしてみましょう
    貸借対照表と損益計算書とキャッシュフロー計算書
    この3つで財務三表とも呼ばれてます

●貸借対照表とは
この表を見ることによって企業の財政状況を把握できます
どんな表か簡単に見てみましょう
いつもの事ながらマーベラスを参考にさせて頂いております


では上の表をそれぞれ見ていきます
今回は簡単にふれておく程度にします
**の部という所に注目
資産の部、負債の部、資本の部の3部構成になってます
資産
調達した資本をどのように運用されているかにあたります
負債
債権者から借入れて調達した資本にあたります
資本
株主から預かっている資本にあたります

この貸借対照表はバランスシートとも言われますが
表中の黄色で塗った数字に注目してみると気付くことありますね
左と右の数字が一緒です
この事から次式が成り立ちます

資産 = 資本 + 負債
また負債は他人から借りた資本に当たるので他人資本
資本は企業が自分で調達した資本になるので自己資本
とも呼ばれるので
資産 = 自己資本 + 他人資本
と書いてある場合もあります

各項目についてもう少し見てみます
資産の中には「T 流動資産」と「U 固定資産」というのががあります
流動資産
1年以内に現金化される資産のこと
現金に替えやすい資産
固定資産
長期に保有する資産で大きく分けて次の3つになります
建物や土地などの有形固定資産
いろいろな権利やソフトウェアの無形固定資産
投資有価証券や長期貸付金などの投資その他の資産
などがあります

負債の中には「T 流動負債」と「U 固定負債」というのががあります
流動負債
1年以内に支払われる負債のこと
固定負債
1年以降に支払われる負債のこと

資本の中には「T 資本金」、「U 資本剰余金」、「V 利益剰余金」
というのががあります
資本金
株式の発行などによって調達されたお金のこと
資本剰余金
株式の発行などによって調達されたお金のうち
資本金に組み入れないお金
利益剰余金
企業内部に留保されている利益

先程の式は次の式にも置き換えられます
流動資産 + 固定資産 = 流動負債 + 固定負債 + 資本金
                   + 資本剰余金 + 利益剰余金  
単純に負債だけ減っても資産が減ります
負債が減ってるのに資産が維持できてれば自己資本が増えてる事になります
そういう会社がいいですね
いくら資産があっても負債だらけは良くないです

最後にこの貸借対照表、資産は現金化されやすい順に上から並んでて
負債は返済が近いものから順に上から並んでます





























HOME