決算書とは?
    今回はよく聞くPERについてです
    投資の目安となる指標の一つになります

●PER(株価収益率)

PERとはEPSの何倍まで株が買われているかになります
算出式は

PER = 株価 / EPS

この数字が低いと割安、高いと割高とかになるのですが
たまたま業績が悪かったりするとEPSが下がるのでPERが高くなったり
特定の業種はもともとPERが高かったりと
企業単体で見て判断するのは好ましくありませんし
複数年の平均値と比較したり、同業他社との比較も大切です
EPSがマイナスだとPERもマイナスになってしまうため
PERだけでは株価を計れないのも事実です

成長中の企業はEPSの増加が見込めますのでPERが高いことが多いです
またPERをみるにも前期のEPSを使うのか今期末の予想EPSを使うのか
どちらを使うにしても決算短信等でEPSを確認して算出します

例えば前期のEPSが100円で株価が2000円であれば
2000円 / 100円 = 20倍
来期にEPSが200円になる予想であれば
2000円 / 200円 = 10倍
になりますので仮に同じ20倍まで買われるのであれば
200円 × 20倍 = 4000円
になるはずです
こんな単純にいくわけではありませんが
PERが30倍、50倍、100倍まで買われているような株は
EPSの成長を見込んで先行投資しているわけです

例えば最近新球団参入しようとして知名度が抜群に上がったライブドア
04年9月期の決算がもうじき出ると思いますが
EPSは3〜4円程度が予想値
2004/11/05の終値が474円ですからPERは100倍を超えています
ちなみにバブル崩壊前はPER100倍なんて企業はたくさんあったようです

ただ成長に陰りがみえたりライバル会社に敗退するようだと
あっというまに調整が入り株価が急落します

ちなみに予想EPSは企業が出したり、アナリストの皆さんが出したりします
証券会社等は予想EPSでPERを出している所が多いですが
予想はあくまで予想なので参考程度にしておきましょう

チェックポイント
PERが高い   →人気が高い 企業価値以上に買われている可能性も
PERが低い   →人気が低い 企業価値以下で評価されている可能性も

同業他社との比較、数年間の平均PERとの比較
成長にみあったPERであるかもチェック

私はPERが100倍を超えるような企業に投資することはあまりすすめません
これで成功できる人はごく一部の方たちのみですから

探す企業はPERが高くなく
継続してEPSを稼いできてくれる隠れ優良企業です


おまけ・・・
分割時のPERについて

分割時にヤフーやインフォシークをみるとPERがとてつもなく小さくでてることがあります
Eトレードとかでもあるし・・・
このような時にどうやってPERをだすか
私も株を始めたころによくPER10倍で安いとか思って買ってみると
実は3分割してて本当のPERは30倍だったみたいなこともありました

正確にEPSをだすならこちらから
分割後の株価 / 分割後の株式数で出し直したEPS = PERになります

いちいち面倒な方は
大体のPERであれば
時価総額 と 当期純利益 から出してしまうことも可能です

時価総額とは株価 × 発行済株数
当期純利益とはEPS × 発行済株数なので

前期の利益ベースに出すのであれば
PER = 時価総額 / 当期純利益

今期末の予想ベースで出すのであれば
PER(予想) = 時価総額 / 予想純利益

間違えて割安と勘違いして購入してしまわないよう注意しましょう































HOME